キーズがバンダウェイとのアメリカ勢対決を制して今季初優勝 [バンク・オブ・ザ・ウェスト・クラシック]

写真拡大

 アメリカ・カリフォルニア州スタンフォードで開催された「バンク・オブ・ザ・ウェスト・クラシック」(WTAプレミア/7月31日〜8月6日/賞金総額77万6000ドル/ハードコート)のシングルス決勝で、第3シードのマディソン・キーズ(アメリカ)が第6シードのココ・バンダウェイ(アメリカ)を7-6(4) 6-4で破り、今季初優勝を果たした。試合時間は1時間28分。

 キーズとバンダウェイは、フェドカップでアメリカ代表の仲間としてプレーしてはいたが、一度もネットを挟んでプレーしたことはなかった。ふたりは昨年4月のオーストラリアでの長い滞在期間中に絆を深め、友達同士になっていた。

 そのふたりが、初めて公式戦で対戦した。ふたりの若きアメリカ人による、そのスリル溢れるパワーとサーブのぶつかり合いの中で、22歳のキーズは25歳のバンダウェイをストレートセットで倒した。試合後、ふたりは抱擁を交わし、キーズはふざけて対戦相手の膝の上に座った。

 キーズは、公式戦で互いに対戦するのに、こうも長い時間を要したことが信じられないと言った。彼女は、スタンフォードの雲一つない空の下で、キャリア3勝目を挙げ、ハードコート上では初となるタイトルを獲得した。

 キーズは、第2セットの第9ゲームで巻き返してデュースに追いついた。これに先立ちふたつのブレークポイントをセーブしていたバンダウェイが初めてサービスゲームを落としたとき、キーズがついにチャンスを手にした。バンダウェイはこの大会で、決勝まで一度もセットを落としていなかった。

「タイトルを獲得することができ、それもハードコートでやってのけるなんて、素晴らしい感慨だわ」とキーズは言った。「すごく大きな意味がある。これは友人との決勝で勝ち獲った、私のアメリカでの最初のタイトルなのだから」。

 フォアハンドクロスのウィナーを叩き込んだあと、キーズは勝利を祝って両手を空に差し上げ、それからネット際でバンダウェイを抱擁し、観客に手を振った。キーズは表彰式のあと、スタジアムに長い時間残って、ファンたちのサインの要求に応じた。

 キーズは、左手首の手術に続き、シーズン初頭の2ヵ月間、プレーすることができなかった。彼女は土曜の準決勝で、ウィンブルドン優勝者で第1シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)をわずか57分の戦いの末に6-3 6-2で退けて今季初の決勝に進出。ムグルッサの連勝記録に9でストップをかけていた。

 キーズは、この勝利から弾みを得ることを期待している。

「本当にすばらしい気分だわ」とキーズは言った。「ここまで容易なシーズンではなかったけれど、ついに正しい軌道に戻ったと感じている。そして自分にテニスに関し、ふたたび、本当にいい感触を覚えているの」。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は「バンク・オブ・ザ・ウェスト・クラシック 」(アメリカ・スタンフォード)の決勝で対戦したマディソン・キーズ(右)とココ・バンダウェイ(左)
Photo:STANFORD, CA - AUGUST 06: Madison Keys hugs CoCo Vandeweghe's after Keys won their finals match on Day 7 of the Bank of the West Classic at Stanford University Taube Family Tennis Stadium on August 6, 2017 in Stanford, California. (Photo by Ezra Shaw/Getty Images)