iPhone8のスクリーンとされる画像を、iPhone関連のリーク情報で知られる人物がWeiboで公開しました。これまで予測されているのと同様、上部に3Dセンサー用の切り欠きが入っています。

iPhone8のフロントスクリーン

iPhone8のスクリーンの画像を公開したのは、過去にもiPhoneのパーツ画像をリークしているGeekbarです。
 
前面のパネルは、先日HomePodのファームウェアから発見されたデザインと同様の形状であることが分かります。
 
また、上部に円形の穴が4つと横に長い穴が1つあいています。これは、3Dセンサーの機能を持つデュアル化されるフロントカメラ、LEDフラッシュ、センサー類とスピーカーが収まると考えられています。
 

画面上部の切り欠き、消えたホームボタン

パネルの背面上部には、Foxconn役員が「歩留まりが低く、価格が上昇する」と発言した切り欠きが入っていることが確認できます。
 

 
下部には、本体部分と接続するケーブルが写っていますが、以前から噂されているようにホームボタンがないことが確認できます。ホームボタンが不要になり、空いたスペースに収まる部品については情報がありません。
 
最近、AppleがTouch IDセンサーを有機EL(OLED)ディスプレイに埋め込む計画を断念した、と報じられており、iPhone8では指紋認証を大型化した電源ボタンで行うか、指紋認証の代わりに顔認証を採用するのではないか、と噂されています。

 
 
Source:Weibo via BGR
 Photo:Martin Hajek

(hato)