8月の日本列島を縦断して襲う台風5号。和歌山に上陸した台風は、ゆっくりとしたスピードで関東地方に向かっています。今回の無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』は、台風のニュースでよく聞く「1時間◯◯mmの雨」という雨量について。果たして、1時間に50mmとはどのくらいの激しい雨なのか、著者の須田將昭さんがわかりやすく解説しています。

数字を読み取ろう(台風への備え)

みなさま こんにちは。マインドマップインストラクターの須田です。

どこをどう進むのか・・・やきもきしていた台風5号ですが、どうやら日本列島縦断という、どこもかしこも台風の影響を受けそうなコースを進みそうな予報となっています。

この台風に限りませんが,日頃から天気予報などで「1時間に50mm程度の激しい雨が予想されます」などの、表現が使われます。風については、「風速20m/s」より速いとどれだけすごいかということを先日書きましたので、今度は雨量について書いておきます。

「1時間に50mmの雨」というのは、「今の勢いで1時間雨が降り続いたら、5cm分の水がたまる」という雨量です。

・・・と、言われてもピンときませんね。

もう少し具体的に考えてみましょう。畳一畳の広さを考えます。地域によって多少のちがいはありますが、一般的な規格として182cm×91cmと考えると、そこに1時間で5cm分の水がたまるとどうなるか。182cm×91cm×5cm=82810立方センチメートルおおよそ1リットルが1000立方センチメートルですから、おおよそ83リットルの水がたまることになります。

2リットルのペットボトルで41本分強。一般的な家庭のお風呂だと,2時間半ほどで十分な水量がたまるぐらいです。

20mmから30mmで「土砂降り」と言いますが、50mmぐらいだと「バケツをひっくり返したような」という表現が使われます。お風呂に水を入れるのを想像すると、まさにそれぐらいに勢いです。

50mmを超えると傘は全く役に立ちません。

車の運転も危険なレベルです。

台風が近づくと、風と雨、ともに非常に強くなります。また台風から遠く離れていても、台風が持ち込んだ湿った空気の流れが強い雨を降らすこともあります。

テレビ、ラジオなどから適時最新情報を入手したり、スマホなどのアプリでそういった危険を知らせてくれるものを使うなどして、状況を把握して、自らの身の安全をぜひ確保してください。

image by: Shutterstock.com

出典元:まぐまぐニュース!