中国の旅行サイト・途牛旅遊網が2日、2017年上半期の海外旅行に関するレポートを発表した。資料写真。

写真拡大

中国の旅行サイト・途牛旅遊網が2日、2017年上半期の海外旅行に関するレポートを発表した。自社の1-6月の予約状況や国のデータなどをもとに、旅行者の動向を全面的に分析したという。

▼1990年代生まれの海外旅行者が急増
レポートによると、中国の今年上半期の海外旅行者数はイタリアの総人口を上回る6203万人(前年同期比5%増)に達した。旅行者の男女比は男性が38%、女性が62%。出生年代別では1980年代生まれの割合が52%に達し、経済的に比較的余裕のある1970年代生まれも20%を占めた。また、1990年代生まれの海外旅行者は前年同期に比べ25%もの伸びを示した。

1990年代生まれは英語が得意、翻訳アプリを使いこなせるなどの事情を背景に、旅行先を自由にめぐって現地の様子をより深く知ろうとする傾向にある。このため、自分で旅の一切を手配する個人旅行人気は高く、上半期の90年代生まれの個人旅行は前年同期比24%増となった。一方、シルバー世代や海外旅行が初めての人に人気があるのは団体旅行。途牛旅遊網では、上半期に団体旅行を選んだ人の比率は60%を上回った。

▼旅行者数が急増した都市は南寧、長沙、合肥
海外旅行者の数を居住地別に見てみると、上位10位に入ったのは上海、北京、南京、深セン、天津、広州、成都、杭州、武漢、大連だった。また、旅行者の数の増加率ランキングは南寧、長沙、合肥、蘭州、仏山、鎮江、温州、徐州、青島、貴陽の順。都市化の加速やパスポートを持つ人の増加に伴い、「二線都市」「三線都市」が海外旅行市場で存在感を増しつつある。

▼人気の旅行先トップ3はタイ、日本、インドネシア
一方、国・地域別で見た旅行先人気ランキングはタイ、日本、インドネシア、ベトナム、シンガポール、フランス、マレーシア、イタリア、モルディブ、スイスの順となり、エリア別ではプーケット、バリ島、大阪、京都、パリ、南都留郡、ローマ、クラビ、ニャチャン、福岡が上位10位に入った。このほか旅行者数の増加率はモロッコ、ブルガリア、アイスランド、セルビア、ポーランド、ケニア、ロシア、オーストラリア、ギリシャ、スリランカの順に高かった。

旅行にかける日数は短距離路線で7日間前後、長距離路線で12日間前後という傾向が見られ、旅行者は飲食やレジャーにより多くのお金をかけているという動きも分かった。また、オーダーメード旅行で人気が高かったのはタイ、日本、インドネシア、英国、米国などで、親子旅行での人気上位5位はタイ、日本、シンガポール、マレーシア、米国の順。海外旅行市場の主力となっている1980年代生まれの父母は「子どもとともに旅を通して世界を感じたい」との思いが強く、このような旅行者にとって海外旅行は重要な選択となっている。(提供/Bridge・編集/Asada)