※イメージ画像

写真拡大

 この夏は、どこへ旅をするのか。

 この夏も「青春18きっぷ」の販売が始まっている(発売期間:7月1日〜8月31日、利用期間:7月20日〜9月10日)。

 北は北海道から南は九州までのJR全線の普通列車が乗り放題になる、お得な切符。料金は1万1,850円。一回あたり2,370円で一日乗り放題になる計算だ。

「青春18きっぷ」とは名がついているものの、最近は、いつまでも青春を忘れないオッサンの利用も当たり前である。筆者も、ご多分に漏れずシーズンのたびにワクワクしていたら、すっかりオッサンになってしまったワケだが。

 実のところ、全線普通車が乗り放題とはいえ、利用できる区間は随分と寂しくなってしまった。長野新幹線の開通によって、信越本線の横川以降長野までの区間が一部廃止の上、第三セクターのしなの鉄道に移行。さらに、北陸新幹線の開通で、ごっそりと利用できる区間が削減されてしまったり……。

 とはいえ、利用できない区間を別料金を払って通過するか。あるいは、迂回するかなどを考えるのも旅行の醍醐味なのだとポジティブに考えよう。

 この「青春18きっぷ」。極端な利用の仕方をすれば、一日でかなり遠方まで行くことが可能だ。東京駅を4時41分始発でスタートすれば、その日のうち(正確には翌日0時04分)に、小倉駅まで到達することが可能。乗車時間も長いけど、乗り換えはタイトである。東京都を出てしまえば、10分以上の乗り換え時間があるのが大垣駅で11分。姫路駅で16分。糸崎駅で25分の3回。逆に小田原駅では1分、米原駅では3分の乗り換え時間なので、休む暇もない。大垣駅でギリギリ駅弁を買って、姫路駅で名物の駅そばを啜る時間があるかないかというところか。

 逆に北へ向かおうと考えた場合、上野駅を5時10分に出発すれば青森駅に22時50分に到着することができる。こちらの場合、新庄駅では56分。大館駅では78分と乗り継ぎのための長い待ち時間があるという具合だ。

 こんな限界に挑戦する旅行も、一度は楽しいけれども二度、三度とはやりたくないもの。そこで長年「青春18きっぷ」を愛好するベテラン勢に聞くと、オススメなのは一度に5回ぶっ通しではなく2度に分けて近場を旅行するということ。

「各駅停車で耐えることができる時間内で、ちょっと遠いところを探すのがポイントです」(ベテランユーザー)

 そこでオススメされたのが、まず長野方面への利用。例えば、長野方面であれば温泉地もある下諏訪駅は、東京からだと普通運賃で3,672円。「青春18きっぷ」を使えば、ちょっとよいところに泊まっても、なかなかオトク感がありそうだ。乗車時間も3時間程度。同じ路線を走る特急「あずさ」に比べると時間はかかるが、我慢できる範疇である。

 また、途中の甲府駅から乗り換えて、こんな機会でもなければ永遠に乗ることもなさそうな身延線を楽しむという方法も。

 ほかの方面でも考えてみたが、伊豆の温泉地に向かおうと思うと、JRは伊東線の伊東駅まで。その先に向かうには別料金が必要。伊東までは東京から2,268円なのでビミョーに損してしまう。軽井沢で避暑をと考えれば、信越本線(名前倒れ)の群馬県側の終点・横川駅までは同じく2,268円。ここから軽井沢行きのバスは500円なので、やはり損をする。

 東京を中心に見た場合、やはり手軽かつ、非日常を味わうには中央本線経由で長野方面へと向かうのが適している様子。どこか遠くへ行きたいと思うけど、お金がないと嘆いている諸君。時刻表を広げれば、存外に短時間で到達することのできる見たこともない土地が待っているはずだ。
(文=昼間たかし)