本田圭佑、パチューカ入団会見の腕時計は『G-SHOCK』!もちろん両腕に

写真拡大 (全5枚)

先月14日、メキシコのパチューカ加入を発表し大きな話題となった日本代表MF本田圭佑。

その約一週間後に2017-18シーズンのメキシコ1部リーグ「リーガMX」が開幕したが、パチューカはここまでまさかの3連敗。北中米カリブ海王者としての強さを見せられずにおり、足の負傷でメンバーから外れている本田への期待は高まっている。

そんな本田の入団会見を改めて確認していたところ、気になる点があった。

パチューカのユニフォームに袖を通した本田。青と白のストライプが新鮮で、その腕はいつものような“本田スタイル”、左右両腕に腕時計が巻かれている。

しかも、よく見てみると…。

着けているのは、CASIOの『G-SHOCK』。しかも両腕とも!

本田の腕時計といえば、以前契約していたイタリアの有名ブランド『GaGa MILANO(ガガミラノ)』など海外メーカーのイメージが強かったが、メキシコ移籍に際して選んだのは日本のブランドだった。

CASIOと契約を結んでいるわけではないようで、もしかしたらこの辺りにも今回の移籍に対する彼の思いや考えが表れているのかもしれない。

本田が今回着用していた時計は、この2モデルだ。

右腕:GA-710GB-1AJF

メーカー希望小売価格:18,500円(税抜)

左腕:G-7900-1JF

メーカー希望小売価格:12,500円(税抜)※画像は『G-SHOCK』公式より

特にG-SHOCKのブランドカラーである黒にゴールドを組み合わせた『GA-710GB-1AJF』は、本田のイメージにピッタリ。

ちなみに、本田が二つの時計を着ける理由として、プレーしている国の時間と日本時間がそれぞれ分かるようにという話があるが、今回の会見で身に着けていた時計の時間はいずれも「11時29分」だった。

まだメキシコ時間に合わせていなかっただけなのか、それとも…。