〜旬の夏野菜活用レシピ〜 かぼちゃの豆乳マヨサラダ

写真拡大 (全6枚)

ハロウィンや冬至の野菜というイメージがあり、秋冬の食べ物だと思われがちなかぼちゃですが、実は収穫のピークは夏。

栄養たっぷりでとれたてのかぼちゃを使った美味しいサラダをご紹介したいと思います。

■かぼちゃの豆乳マヨサラダ 調理時間 約10分

【材料】(二人分)

・かぼちゃ 300g

・きゅうり 1本

・玉ねぎ 1/8コ

・青じそ 2枚

☆米油 大さじ2

☆米酢 小さじ1

☆豆乳 大さじ1

☆白味噌 大さじ1

☆砂糖 小さじ2

☆粉辛子 少々

・塩、コショウ 少々

【作り方】

1、かぼちゃは一口大ぐらいの大きさに切って茹でる(電子レンジで加熱しても良い)。

2、きゅうりと玉ねぎは薄切りにし、塩をまぶして5分ほどおく。青じそは軸を切って細かく刻む。

3、ボウルに☆の材料を混ぜて豆乳マヨネーズを作る。あとで混ぜるので、キレイに乳化していなくオーケー。

4、茹でたかぼちゃを熱いうちにスプーンなどで粗くつぶす。

5、3と水気をしぼった2を加えて和え、塩コショウで味を整えたら出来上がり。

ふつうのマヨネーズで作っても良いのですが、ヘルシーに豆乳を使って植物性のマヨネーズを作って和えてみました。きゅうりと玉ねぎの食感が楽しく、青じそが良いアクセントになります。

かぼちゃは免疫力アップのβカロテン、美肌効果のあるビタミンC、抗酸化力があり若返りのビタミンと呼ばれるビタミンE、そして食物繊維と、いろんな栄養素の宝庫です。その力を日々の健康づくり、美容づくりに活かしましょう。

1/4などにカットされたかぼちゃを買ってきたときは、スプーンで種とわたを取り除いてからしっかりラップをして保存すると日持ちしますよ。

〜旬の夏野菜活用レシピ〜 かぼちゃの豆乳マヨサラダはWoman Wellness Onlineで公開された投稿です。

【筆者略歴】

圓尾和紀

“日本人の身体に合った食事を提案する”フリーランスの管理栄養士。TVや雑誌の出演、講演、執筆、カウンセリングなどで活動中。「カラダヨロコブログ」は月間アクセス20万以上。著書“一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方”が2017年4月24日に発売予定。