私たちは1日のうちに何回も洗面台の鏡を覗きます。朝夜の歯磨きはもちろん、洗顔、ひげ剃り、ヘアスタイリング、コーディネートチェック……。忙しい朝の習慣って、鏡まわりでかなり集まっていますよね。

 

ただ、朝は1分1秒が惜しいもの。鏡を見ながらほかのことも楽にできればいいのにな、と思いませんか? 片手がふさがってしまうと、メールチェックしたくてスマホを開いてもシンクにうっかり落としてしまうんですよね。

 

実はいま、そんな小さな要望に注目したスマートミラーが海外で注目のプロダクトになっているのです。

 

自分の顔を確認しながら情報収集できるスマートミラー「MIRROCOOL」

「MIRROCOOL」はメールやニュースといったスマートフォンで受け取る通知を鏡面に表示してくれる、スマートディスプレイです。つまり、歯磨きやヘアスタイリングをしている間にも続々届くメールやニュース通知、天気予報、その日のスケジュールを読めるということ。手を使わなくて情報収集できるのはありがたいですよね。

 

と、ここまで読んですぐに「でも鏡を使うのは自分だけじゃないんだけどな」と思った方も多いでしょう。「MIRROCOOL」が話題になっているのは、大家族や複数のルームメイトとの共同生活でも問題なく使えるところ! なんと、鏡がユーザーの顔を認識し、ユーザーが鏡に映ると自動で反応してくれるのです。

 

こうなると、ただのスマートミラーというよりも鏡に組み込まれたアシスタントのような感覚ですね。しかも起動方法がすごいのです! 笑う、ウィンクする、瞬きする、といった動きを検知して起動してくれるというもの。これは新しい。

 

もちろんカメラは、登録されたユーザーによってしか起動されません。またMirroCool社によるMirroCloudにしか接続できないようになっており、セキュリティも強化されているようです。

 

鏡に埋め込まれたHDカメラをカメラとして使うことも可能です。鏡そのものなので、セルフィーも撮りやすいですね。ダイエットやメイクアップ、ヘアスタイリングに体調管理などでセルフィーで毎日記録を撮ることも簡単です。

 

また玄関口などに設置することで、遠隔からリアルタイムでカメラにアクセスすることもできるため、いざという時は防犯カメラとしても使えます。グループ写真にも便利そうですね。

 

「MIRROCOOL」の価格はひとつ2万円弱。「このプロジェクト最高! 私の言語に翻訳するのに手伝ったりできる? コーディングは知らないけど、英語とスウェーデン語は知ってる!」とボランティアまで買って出る熱狂的なファンまでコメント欄には登場しています。

 

確かに日常にデバイスをひとつも増やすことなく、SF風なディスプレイ・アシスタントを追加できるのは魅力的ですね。

 

動画を見ながらヘアスタイリングができるスマートミラー「Perseus」

実は、スマートミラーがKickstarterで多額の資金を獲得するのは「MIRROCOOL」が初めてではありません。去年見事に1100万円ほどの開発資金を集めた「Perseus」も鏡面をディスプレイとしてスマートに使えるプロダクトです。

 

当初の予定よりも開発に時間がかかっており、何度かスケジュールが後ろ倒しになっているようですが、カスタマーサポートもその間アップデートを繰り返し、予約購入者たちはまだ辛抱強く待っています。

 

「MIRROCOOL」と同じく、鏡面にメールや天気予報などの通知を表示でき、埋め込まれたHDカメラを使って高画質のセルフィーを撮ることができるのにプラスして、このプロダクトの個性として押し出されているのがビデオの同時再生です。

 

YouTubeではヘアスタイリング、ひげ剃り、そしてメイクアップとたくさんのチュートリアル動画がアップロードされています。

 

とはいえ、デバイスでそれを見ながら実際に自分で同時にメイクアップ/ヘアスタイリングするとなると、ちょっと手間です。スマホを手に持ちながらだと難しい、どこかに置くとなると不安定。なかなか気楽にチュートリアルを参考に練習するのは難しいものです。

 

でも鏡の中にビデオが表示されれば、それが一気に楽になりますね。コメント欄には「妻に見せたら、2個買うべきでしょ、と言われたよ」と家族全員で盛り上がっている声が書き込まれています。

 

スマートホームデバイスがどんどんと普及する中、鏡にまでスマートがたどり着きましたか、と驚いてしまいます。しかし家のデバイスを増やすことなく、日常の習慣を効率化してくれるプロダクトはありがたいですね。