提供:週刊実話

写真拡大

 今回取り上げるのは、NHK朝ドラ『ひよっこ』でヒロインを演じている女優の有村架純。やはり主演を務める10月公開予定の映画『ナラタージュ』では、濃厚な濡れ場に挑んでいるようで、清純・可憐のイメージを一変させるかも…。
 彼女の顔相の特徴は、目・鼻・口という重要なパーツが、どれもおとなしく女性的なこと。目は女優としては小さめで、目力弱く、眼光が優しい。鼻も(鼻孔が小さく鼻筋が細く)品がよく清楚だ。口はそこそこ大きさがあるも、口元が締まって引っ込み、女らしい淑やかさをたたえている。
 一方、豊かに丸みを帯びて出た頬骨と突き出たアゴ先に、積極性と根性の強さが現れており、トータルでバランスの取れた女相だ。

 以前は過剰なほど膨らんでいた臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の部分で、性ホルモンタンク)がややおとなしくなった分、眉毛が薄く、細くもなっていて、相全体として好色性は増している。
 ときおり眼光にのる浮光(濡れたような艶)も淫蕩に流れやすい兆候で、年齢的にもこれからエロスが全開となり、熱愛・官能の時代に突入しそうな予感を覚える。【淫乱度】は「4」と高い。

 彼女は奉仕愛・能動愛の上唇が厚く、意中の男性には自ら誘いをかける積極性を持つ。横から観たとき上唇側が前に出ているのは、そそっかしく(表裏のない)正直な心性の現れ。ベッドに上がっても、「高嶺の花」らしからぬ望外の奉仕愛戯に、相手男性は驚喜感激することになろう。
 先天的名器度が現れる、耳の穴の手前にある切れ込みは中の上。狭めの目間もプラス要素だ。一方、口角(唇の両端)が食い込む感じに引き締まっていて、後天的名器度はかなり高い。
 彼女は(髪を垂らして隠していることも多いが)エラが張っていて、こちらは名器「ミミズ千匹」(膣肉の襞の蠕動が盛ん)の相。トータルで観て、【名器度】は「5」寄りの「4」ときわめて高い。
 下アゴの骨格がしっかりしていて口は小さくはないものの、口相自体に勢いはなく、歯列のU字も小さく、金甲(小鼻)の張りが弱い。回数をこなせるセックスではなく、【絶倫度】は「3」寄りの「2」。
 おとなしい口相と吊り上がりではない眉相がかろうじてあげまん要素。金甲が乏しく、(最も重要な)眼形が上がり目でなく、【あげまん度】は「2」どまり。
 華奢な鼻、小さめの耳、やや丸目、ときおり浮光…と、尻軽傾向を示す相がいくつかあり、【尻軽度】としては「3」。

 彼女は鼻孔が小さく、その鼻孔が正面から覗かず、目間が狭く、耳がやや高い。どれも警戒心の強さを示すもので、「熱愛」が潜行してバレにくい。ゴシップ以上の「官能ライフ」を楽しみそうな女相と言える。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。