デウロフェウとアルカセルがFKで張り合う

写真拡大

パコ・アルカセルがジムナスティック戦のFKでゴラッソを決めた。
アルカセルは長い年月をかけFKの名手に成長したことは、案外バルサファンには知られていない。アルカセルは、スペイン代表での同僚であるジェラール・デウロフェウとフリーキックで競い合っている。

【関連記事:バルサ欺く ネイマールの嘘】

フレン・ロペテギ率いるスペイン代表チームで、アルカセルは3本中2本のFKを決めているが、デウロフェウは3本中すべて得点に変えている。
両選手ともスペイン代表監督であるロペテギの信頼を得ているが、デウロフェウは出場選手リストの常連としての地位を確立している。

デニス・スアレスやセルジ・ロベルトと同様に、パコ・アルカセルとジェラール・デウロフェウも代表チームの監督から大きな期待を寄せられている。