警察が親善試合の中止を勧告

写真拡大

プレミアリーグ所属のバーンリーと、ブンデスリーガ所属のハノーファーによる親善試合は、ハーフタイム中にイギリス警察の勧告により中断された。理由は観客席のサポーターたちの暴力行為である。

【関連記事:CL予選 ナチス弾圧を再現】

twitterを通じクラブ側が「試合は警察の勧告により中断された」と発表している。
英国メディアの報道によれば、バーンリーのホームであるターフ・ムーアの複数のエリアで暴動が起きたという。この時試合はDFベン・ミーのヘディングシュートで1-0でバーンリー優位だった。

情報によれば、怒ったドイツ人サポーターらが暴言を吐き、椅子を投げるなどの暴動が起きたという。警察は暴力的な両クラブのサポーターらを逮捕したが、幾人かはナイフを所持して、ほかの観客を脅していたという。