石原さとみ

写真拡大 (全3枚)

女優の石原さとみが7日、東京ドームで開催された『サントリー ドリームマッチ 2017』の始球式を務めた。

サントリー・モルツのCMキャラクターである石原は、大役を任されたことについて「サントリードリームマッチ。まさか4年連続、始球式で投げれるなんて!」と大喜び。

「私の(ピッチングの)これまで。1年目は(逆手である)サウスポー。2年目は、(村田兆治氏を意識して)マサカリ、3年目は(野茂英雄氏の代名詞である)トルネード。そして今年のマウンド、楽しみにして下さい」と強気な発言もあった。

その宣言どおり、今年も注目を浴びるピッチング。下からボールを投げるサブマリン投法を見せた。

捕手・谷繁元信氏へのボールは、惜しくもノーバンとはならず、ワンバウンドの結果だったが、「山田久志さんの動画を見て研究しました」と明かした投球フォームで、観衆を沸かせた。

「使わない筋肉をつかうので筋肉痛になりました」と振り返った石原。ファンを楽しませるため「今年はどうしようか、何がいいか、プレッシャーがありました」と内心をのぞかせ、ピッチングフォームへのこだわりを語っていた。

▼ 石原さとみ



▼ 石原さとみ