6日に放送された日本テレビ系「誰だって波瀾爆笑」に出演した倖田來未が妹・misonoとの幼少期について語った。

番組では倖田の家族や育った環境、デビュー当時などについてトークを展開していった。その中で、倖田姉妹の貴重な幼少期の2ショット写真を公開した。

倖田はmisonoについて「生まれた時から(目が)クリクリで」と話し、misonoは”可愛い系”、自分は”キレイ系”と言われていたと明かすも、「オブラートに包んだ(言い方だった)」と振り返った。

さらに、幼少期からmisonoは”自分で選ぶタイプ”で倖田は”無言で従うタイプ”だと明かされると、倖田は「あんまりこうしたいとか昔からなくて、普通の子やったんですよ。引っ込み思案っていうか、あんまり前のめりでない、今みたいに」と自身の幼少時代を明かした。

また、倖田の母親について話が及び、倖田は母親について「やりたいことを思ったら実践するタイプだったんですね」と語り、服作りがしたくて服屋を開業するなど行動派な母親だと明かした。そんな母親は倖田が産後ダイエットで焦っている時、協力するべくエステサロンの経営を始めたという。倖田は「私、1円も出してないんですよ」と母親の開業に資金を提供してないと語り、自身の母親の凄さを垣間見せた。倖田は「産後はものすごいオカンに(助けられた)」と感謝している様子だった。

妹のmisonoは先日、ロックバンド・HighsidE(ハイサイド)のドラマー・Nosukeとの結婚式を行ったと明かしたが、以前、交際を発表した時に倖田のファンからお祝いのコメントが多く寄せられたことで、「改めて“姉の凄さ”を感じられたから、凄く嬉しかったです!」と自身のブログで心情を語っていた。