6日に放送されたフジテレビ系「KinKi Kidsのブンブブーン」に出演したKinKi Kidsの堂本光一が自身のユニットの悩みを明かした。

この日の放送では、堂本剛が体調不良のため不在となっており、Hey!Say!JUMPの伊野尾慧、中島裕翔と光一で大人気のかき氷店を紹介した。

かき氷を食べながら、光一はHey!Say!JUMPの2人に「Hey!Say!JUMPって何人組だっけ?」と質問し、9人グループだと知ると「多いな!」と感想を漏らした。

さらに、Hey!Say!JUMPの移動車は3台で帰宅時もメンバーの家を廻りながら帰ると明かされると、光一は「家バレちゃうじゃん!メンバーに」と驚いた様子だった。光一の発言に中島が「メンバー同士だったらよくないですか?」と笑うと、光一は「イヤだね!」と反論するも、後に「ま、イヤじゃねえけど…」と考え直した様子だった。

また、伊野尾が「逆に2人で大変なこととかってあるんですか?」と2人体制でユニット活動をしている光一に疑問を投げかけた。これに光一は「やっぱり、今回剛くんが体調不良ってなると、各番組、完全に1人になっちゃう。だからどうしようってなるよね」と2人組の苦労を明かした。

続けて、光一が「9人だったら、1人いなくなったところを周りみんなでカバーしようかってこととかできるかもしれないけど、2人だとどうしてもね、できないよね」と語ると、伊野尾はすかさず、「9人だと1人くらい休んでもちょっとわかんないくらいな」と発言し、笑いが起きた。

KinKi Kidsは、先月放送された日本テレビ系「THE MUSIC DAY 願いが叶う夏」に2人で出演予定だったが、剛が突発性難聴のため、急遽出演を見送り、光一が1人で曲を披露した。後日、そのパフォーマンスについてのインタビューで光一が剛との20年の絆を思わせる”ツンデレ”な発言をすると、ファンはネットに「光一くんすげえ愛しいわ」「もう不仲説って完全にネタだよね(笑)」など喜びと絶賛の声が上がっていた。