アーセナルFWアレクシス・サンチェス

写真拡大

 移籍が噂されていたアーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスだが、今季はチームに残留する意向を固めたようだ。英紙『ミラー』が伝えている。

 サンチェスはすでにチームメイトや友人にアーセナル残留の意向を告げたようだが、そうすることで自分にとって有利な契約を結ぶつもりだと見られている。アーセナルとサンチェスは来年6月まで契約を残しているが、新たに契約を延長できなければ、来シーズン終了後にフリーでチリ代表FWを手放すことになってしまう。

 チームを率いるアーセン・ベンゲル監督は「クラブ首脳陣が私の決断をサポートしてくれた」と感謝を示しつつ、「彼はもっともっと要求してくるだろう」とサンチェス側が強気な契約交渉をしてくるはずだと続けた。

 だが、サンチェスとの契約延長を望みつつも、一方で「クラブ側は選手の望みをすべて叶えてあげられるほどの余裕がないんだ。契約を延長しないことも視野に入れているかって? イエスだ」と話している。


●欧州移籍情報2017-18

●プレミアリーグ2017-18特集