本田加入のパチューカに潜入! 全寮制の学校に病院、映画館も備えた巨大施設とは

写真拡大 (全11枚)

メキシコ初の日本人プロ選手の百瀬氏が現地入り 「リーグ観客動員数はドイツに匹敵」

 日本代表FW本田圭佑が今夏、メキシコ最古のクラブとして知られる名門パチューカに加入して大きな話題となっている。

 メキシコのサッカー環境やクラブの姿は日本ではあまり報じられず、馴染みのないものだが、どのような特徴を持っているのだろうか。

 1992年に15歳でメキシコへ渡り、初の日本人プロ選手としてプレー。現在はコネクト株式会社取締役会長を務め、先月行われた本田のパチューカ加入会見も現地で見ている百瀬俊介氏に話を訊いた。

    ◇     ◇     ◇

――本田選手の移籍で一躍注目を集めたメキシコリーグですが、日本ではメジャーではありません。現地でも日本代表選手の加入ということで、大きな話題となっていますね。

「メキシコのサッカーがいいと言われ始めたのも最近ですよね。メキシコリーグといっても、インパクトとしてはあまり強くないですから。やっぱりアルゼンチンやブラジルに比べると、国としてもリーグとしても及ばないです。ただ、ワールドカップはこれまで2回(1970年、1986年)開催されていますし、(クラブ・アメリカの本拠地)アステカ・スタジアムという10万人収容のスタジアムもあります。ディエゴ・マラドーナの、あの“神の手ゴール”が生まれたスタジアムですね」

――経験者の目から見て、メキシコリーグのレベルについてはどのように感じていますか?

「日本人でもそう簡単にはプレーできないと思いますよ。それだけレベルが高い。日本だと、メキシコというと『ワールドカップには出ているし、ベスト16には入っているよね』という認識にとどまっています。だけど、メキシコリーグは観客動員数もドイツに匹敵するくらいすごいんです」

――メキシコ人と日本人のサッカー選手は、体格が似ていると比較されることもありますよね。

「ありますね。確かに背格好は似ていると言われますけど、体の厚みが違いますよ。日本人が“単行本”なら、メキシコ人は“タウンページ”というくらい差があります。背格好が似ているといってもフィジカルはメキシコの方が強いし、足下も上手いです。

 メキシコサッカーも昔と今では大きく変わっていて、システムも常に変動しています。以前はなんとなくパスを回している感じでしたけど、今はすごくリズミカルなサッカーで、そこにスピードも入ってより進化している。ヨーロッパ、特にスペインからの影響を受けています」

「会長は日本の教育をリスペクトしています」

――日本でもすでに報道されているように、パチューカの施設はとても充実しています。実際にご覧になって、いかがでしたか?

「すごいですよ。すごい。“グループ・パチューカ”として見た時に、全体の規模がすごく大きい。全寮制の学校が小・中・高校とあって、サッカー大学も病院もある。リハビリも手術も脳ドックもメディカルチェックも、全て施設内で受けることができます。その他にも寮は全部で420くらいの部屋があり、コンビニや床屋やコインランドリーも全てセキュリティーの門を越えた中にあって、外に出る必要がないんです。

 サッカーコートは10面くらいありますし、GK専用の練習場、パデル(スペイン発祥のラケットスポーツ)のコート、そして映画館や選手の家族も利用できるスパ施設と、本当にありとあらゆるものが揃っています。この10年でパチューカというクラブの規模は、ここまで大きくなったのかとビックリしました」

――本田選手も充実していた施設を絶賛していました。実業家としての一面を持つ本田選手にとっては、学べることも多そうですね。

「ヘスス・マルティ会長は、自ら事業をやっていてお金は潤沢にあります。ヘスス会長はものすごく熱い人。親日家で日本の教育を非常にリスペクトしていて、日本にも何度も来ている。サッカーではプロの選手になれない人の方が多いので、それならばサッカーをやっている間も勉強ができる環境が必要というのが会長の考えです。

 パチューカではユースの子をはじめ、トップチームでも若手は学校に行っている選手がいます。例えば、会計士や弁護士など専門分野を専攻することもできますし、会長の頭の中には“文武両道”という考え方があるんです。セカンドキャリアというよりも、選手になれない人の方が多いから、なれなかった時のことを考えてちゃんと勉強しなければいけないという会長の考えは、腑に落ちるものがありました」

獲得した移籍金は「施設の投資に使う」

――メキシコから欧州などトップレベルへ渡る選手も多いですが、パチューカもそうやって育成面にも力を入れているのですね。

「最近ではメキシコからアメリカのメジャーリーグサッカーへ行く選手も多いですね。その先駆けは(元メキシコ代表GK)ホルヘ・カンポスでした。パチューカでは育成から海外に移籍する選手が結構います。そこで得た移籍金は、すぐ施設の投資に使う。設備管理と選手の獲得。『私は投資をする。結果を出すのはあなたたちの役割。投資をする代わりに結果で示してくれればそれでいい』というのが会長の考えです。

 そして、下部組織ではメキシコの地方に有望な選手がいた場合、移り住むために両親の就職先を見つけたり、生活に困らないような準備をクラブがしてくれます。下部組織のGMや責任者はアルゼンチンやスペインなどから来ていて、今の育成責任者は元ボカ・ジュニアーズの人なんですよ」

[PROFILE]

百瀬俊介(ももせ・しゅんすけ)

1976年5月31日生まれ。1992年に中学卒業後に単身メキシコへ渡り、デポルティーボ・トルーカFCのユースチームに入団。93年に同クラブのトップチームと契約し、日本人で初めてメキシコリーグ所属のプロサッカー選手となった。その後、メキシコやエルサルバドル、アメリカのチームを渡り歩き、2001年にデポルティーボ・トルーカFCで現役引退した。コネクト株式会社の代表取締役会長。ブラウブリッツ秋田のクラブアドバイザーも務めるなど、多岐に渡って活躍している。

【了】

石川 遼●文 text by Ryo Ishikawa

百瀬俊介●写真 photo by Shunsuke Momose

【写真】パチューカが誇る豪華施設フォトギャラリー

本田が加入した際の記者会見の様子

クラブハウスの外観。名前はパビリオン・ブラッテルで、由来はFIFA前会長のJOSEPH BLATTER(ジョゼフ・ブラッター)

クラブハウス内の様子。これまで獲得したトロフィーなどが展示されている

GK専用の室内練習場外観。記者会見もここで行われた

選手のロッカールーム

パチューカの街並みがアートに…

室内トレーニングルーム

約10面広がる練習場。下部組織を含めて各カテゴリーの選手が汗を流す

クラブ施設入り口。チームエンブレム(右上)、UFD(大学、左上)、ART(寮)、CEMA(病院)などのロゴが描かれている

クラブエンブレムにもなっている街の時計台

丘の上から見えるパチューカの街並み。犯罪が多発したため、地元アーティストと協力して街全体をアートに変えた

百瀬俊介●写真 photo by Shunsuke Momose