平田歩(岡山学芸館)と輿石亜佑美(浦和麗明)が女子シングルス決勝で激突 [南東北インターハイ]

写真拡大

 第74回全国高等学校対抗テニス大会および第107回全国高等学校テニス選手権大会(南東北インターハイ・テニス競技/8月2〜4日団体戦、5〜8日個人戦/会津総合運動公園テニスコート、あいづドーム)の大会6日目、男女個人戦シングルスの準々決勝、準決勝、個人戦の準決勝が3セットマッチで行われ、ファイナリストが決まった。

◇   ◇   ◇

 平田歩(岡山学芸館)は、準々決勝で西郷里奈(秀明八千代)を6-4 5-7 6-3で破り勢いづくと、カウンターを得意とする伊藤さつき(相生学院)に対しては武器の強打を封印。スピードを落とした丁寧なプレーでゲームを支配し、6-2 6-3と隙のないゲーム運びで勝利を手にした。

 団体戦はシングルス1で結果が残せず悔しい思いをしたが、個人戦では一戦一戦を「最後の試合と思って絶対に勝つ」と考えて臨んだ平田。準決勝の第2セットは2-3とリードされる場面もあったが、集中力を切らすことなく、そこから4ゲームを連取。8強でただひとり残った3年生が意地を見せた。

 準々決勝で川岸七菜(法政二)を6-2 6-7(3) 6-1で下した伊藤だが、最後は足が動かず、体力の限界を迎えた。ボールに追いつけずに大事なポイントで簡単なミスも増えた。「攻めようと思う前に先にミスが出てしまった」と反省したが、全国大会の個人戦で初の4強入り。「素直に嬉しい。満足のいく結果が残せた」と笑みもこぼれた。

tennismagazine0807_02.jpg

(写真)伊藤さつき(相生学院)は個人初の全国4強入り

 2年生の輿石亜佑美(浦和麗明)は、準々決勝、準決勝と同学年の安藤優希(日出)、阿部宏美(愛知啓成)にストレート勝利。明日のファイナルに駒を進めた。

 昔から互いをよく知る安藤に対してやりづらさはあったが、出だしから相手を突き放して6-1 7-6(1)で勝利。準決勝の阿部とは初対戦で、強打を武器とする相手に「緩急をつけたラリーを心掛けた」。その作戦がうまくはまり、阿部の攻め急ぎを誘うと、試合を最後までコントロールして6-1 6-3で快勝した。

tennismagazine0807_03.jpg

(写真)調子を上げてきた輿石亜佑美(浦和麗明)

 阿部は、輿石の緩急をつけたラリーにリズムが作れず攻め急いだ。第2セットは我慢のテニスを続けてチャンスを伺ったが、最後は力尽きた。今大会は昨年のベスト16を上回り及第点だが、「納得のいくプレーができていなくて悔しい」とうつむく。本人が課題に挙げる守備力が向上すれば、来年はさらにいい結果が得られるはずだ。

tennismagazine0807_04.jpg

(写真)春のセンバツに続き個人ベスト4入りの阿部宏美(愛知啓成)

 決勝は平田と輿石に決まった。平田は「経験は相手が上なので、自分の力をどれだけ出せるか。チャレンジャーの気持ちで臨みたい」と語り、対する輿石は「去年は1回戦負けで、この一年間はインターハイ優勝を目指して頑張ってきた。絶対に優勝したい」と意気込む。

 ダブルス準決勝は、我那覇真子/前田優歩の沖縄尚学ペアが酒井凜/牧由貴菜(広陵)を6-3 6-4、吉岡希紗/原田真実子(四日市商)が笠原沙耶/川島和奏(松商学園)を6-2 6-4で破り、決勝進出を果たした。

 団体戦との2冠がかかる吉岡/原田ペアは、昨年の全日本ジュニア16歳以下で準優勝ペア。ふたりで全国のダブルス・タイトルを獲ることを目指してきただけに、「絶対に優勝したい!」と闘志を燃やす。

 対する我那覇/前田は、沖尚ペアとしての3連覇、我那覇にとっては連続優勝がかかる。準決勝のプレー内容がよくなかったものの、「ふたりの役割をちゃんとして、取るところを取れば優勝できると思う」と自信をのぞかせた。

tennismagazine0807_05.jpg

(写真)団体、個人ダブルスの2冠がかかる原田真実子(奥)/吉岡希紗

 8月8日の大会最終日は、男女ともに個人戦シングルス、ダブルス決勝が行われる。試合開始時間は9時の予定。

テニスマガジン◎編集部/中野恵太)

※トップ写真は、決勝進出を決めた平田歩(岡山学芸館/奥)

高校テニス特集(南東北インターハイ)|テニスデイリー