部屋のアイテムを徐々に涼しげなものに替え、暑い日を快適に過ごすインテリアに変えてみませんか? 暑いから動きたくない、という人にありがたいテクニックがあるんです。「大きくなにかを変えなくても、普段使っているものの素材や色を少しずつ変えるだけで、部屋全体の印象が変わります。衣替えをするように、部屋のしつらいも夏仕様にすると、気持ちがすっとあらたまるんです」そうアドバイスしてくれたのは、インテリアにまつわる著書もある、インテリアブロガーのひよりさん。つくり込みすぎない「涼感インテリア」のコツを教えていただきました。いつものアイテムを夏仕様にチェンジして涼感を演出

●ガラスビンには砂とサンゴを入れて海をイメージ


ガラスビンに砂とサンゴ形のロウを入れて、砂浜を演出。「ガラスビンはドライフラワーを入れて飾るなど、通年使っているのですが、夏らしくチェンジ。砂はディスプレー用のものをイケアで購入。白砂からグレイッシュなものまであり、便利です」。●シャーベットトーンを効果的に使う


シャーベットトーンとはその名のとおり、シャーベットを思わせる淡い色のこと。ひよりさんは、そのときどきで、気に入った色を買いたしてきたトレーを複数もっています。「さわやかなシャーベットトーンの組み合わせにすると夏らしく。アクセサリーなどをちょっと置くのにぴったりです」。●バスケットはワイヤにして抜け感を


一年じゅうリビングに置いているブランケット。クーラーが効きすぎたときにも重宝しているそう。「夏はコットンのものを使っています。網目が大きなワイヤバスケットに入れると抜け感が出て、ぐっとクールになりますね」。●保存ビンや飲料のストックはカゴバッグに入れて涼しげに

明るい色のカゴバッグは涼しげに見えるので、夏の収納アイテムとして大活躍します。


ストロー素材のカゴや、シラカバのカゴに保存ビンや飲料のストックを入れて。「床に置くだけで空間の雰囲気が変わるんです」。●さわやかなブルーのモビールをつるす

リビングの天井につるした四角いモビールは、プロダクトデザイナー藤城成貴氏の作品。「ブルーのモビールなら、夏も涼やかな印象に。グラデーションのような青使いがさわやかで、眺めていて飽きません」。


●フォトフレームの中はモノクロのアイスの絵

壁に下げた黒いフォトフレーム(上の写真参照)に入っているのは、ギリシャのイラストレーターが描いたモノクロのアイス。「夏っぽくてかわいいけれど、色は黒。甘くなりすぎず、冷たくもなりすぎないという路線を狙いました」。

<撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>