インターナショナルなモードやトレンドに敏感な女性たちに、スタイルを持った生き方を提唱する新世代WEBマガジン『VOGUE GIRL』が、AKB48・柏木由紀が登場するファッションストーリーを公開した。

グラビアで男性から絶大な人気を誇る柏木が、今回、VOGUE GIRLとタッグを組んでモードガールにイメージチェンジ。その一部始終をVOGUE GIRLの公式インスタグラムで独占ライブ配信した。

清楚なロングヘアがトレードマークだった柏木の大胆なヘアチェンジは、ファンだけでなく多くの女性たちからも注目を集めて大きな話題になった。

そして、モードに変身した柏木が、VOGUE GIRLでファッション撮影にチャレンジした。モード誌でのファッション撮影が初めてという柏木だが、VALENTINO、CHLOÉ、DOLCE & GABBANAなどの最旬モードを纏って新しい魅力を存分に披露している。

また、同時に独占インタビューも掲載し、髪を切るまでの心境や髪を切ってから感じたこと、AKB48メンバーやファンからの気になる反響についてなど、ここでしか読めない彼女のリアルなコメントが満載な内容となている。

【柏木由紀コメント】

髪を切らなかったら、今回みたいな撮影は一生やらなかったかもしれないです!(笑)今までは、自分の中に「モード」というキーワードがなかったので、本当に新しい自分に出会えました。普段はグラビアの撮影が多いのですが、今回の撮影はいつもの撮影と真逆という感じがしました。グラビアは「男性が好きな女性」を目標に撮影に臨んでいますが、今回の撮影は「女性が憧れる女性」を目指して撮影に臨みました。ファッションやヘアメイクが、とにかく手助けしてくれたと思います。普段着ないようなブランドの服を着させていただき、とにかくドキドキしましたが、素敵な服の似合う大人の女性になりたいという思いが、より強くなりました。わたしの目指す女性像が見えた気がします。