有村昆氏(左)と丸岡いずみ

写真拡大

 フリーアナウンサーの丸岡いずみ(46)が7日、読売テレビ「かんさい情報ネットten.」に出演し、夫で映画評論家の有村昆氏(41)が極秘購入した車「デロリアン」を「売ってしまいたい」と心境をあらわにした。デロリアンとは米映画「バック・トゥ・ザ・ヒューチャー」でタイムマシンとして登場する車「DMC-12」を指す。

 番組では、「夫婦げんかの末、夫が大切にしているモノをネットオークションに出品し利益を得たらどうなるのか」というテーマで議論。丸岡は「うちの主人が大切にしているデロリアンという車があるんですけど、本当に使えないなと私は感じていて」と日頃から不満に思っていることを明かした。

 有村氏は同車を2013年に購入。丸岡は高額な買い物にも関わらず自身に相談がなかったことから不満を抱えていた。丸岡は「それを売りたいなと思ったことがあるんです。主人にだまって売ったとしたら法律を犯したことに…私は夫婦げんかした時に本当にあの車を売ってしまいたいと思ったんです」と質問。同局系「行列のできる法律相談所」に出演する本村弁護士が「もちろんダメです」と回答した。

 本村弁護士は「夫のものを勝手に処分したら窃盗罪になります。いったん自分のものにして売り払ったということになります。盗んだのと同じです」と解説。しかし「ただ、夫婦間だから刑が必ず免除されます」と付け加えた。

 丸岡は「免除されるんだ」と不敵にうなずいた。