デズモンド・ハリントン

写真拡大

『デクスター 〜警察官は殺人鬼』のクイン捜査官役で知られるデズモンド・ハリントンが、『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』シーズン6に出演することが明らかとなった。米TV Lineなどが報じている。

デズモンドが演じるのは、ドラッグ依存症でリハビリ中のマイケル。苦難を乗り越えようとしているシャーロック(ジョニー・リー・ミラー)に手を差し伸べるという役どころだ。シーズン5のラストでシャーロックが仕事で組んでいたある人物に悲劇が起こり、その事件で大きなショックを受けた彼を、マイケルが精神的に支えるようだ。デズモンドはシーズン6のレギュラーを務めるという。

『ゴシップガール』にも出演していたデズモンドは、『デクスター』の放送終了後は、米ABCの『The Astronaut Wives Club(原題)』や映画をドラマ化した『リミットレス』『ザ・シューター』に出演。『スニーキー・ピート』『ブルックリン・ナイン-ナイン』といった人気シリーズにもゲスト出演している。

デズモンドが出演する『エレメンタリー』シーズン6は、米CBSにて2018年にスタートするミッドシーズンに放送開始予定。(海外ドラマNAVI)