名古屋グローバルゲート商業施設 南側側面

写真拡大 (全3枚)

 民間学童保育運営事業を手がけるウィズダムアカデミーは8月7日、次世代型子育て支援サービスを提供する施設「レインボーツリー名古屋」を6社一体で運営することを発表した。ささしまライブ24地区のグローバルゲートで10月にオープン予定。

 レインボーツリー名古屋は、ウィズダムアカデミーが参画する子育て・教育支援複合施設「レインボーツリー」の第2弾。第1弾は2016年12月に市ヶ谷にオープンした。共働き子育てを応援するためのさまざまな分野の企業が集う学びのコラボレーションプロジェクト「レインボーツリープロジェクト」は、子どもたちの未来の可能性を広げる空間作りからイベントやサービスなど、すべての家族を積極的にサポートする。

 レインボーツリー名古屋には、民間学童保育運営事業を展開する「ウィズダムアカデミー」と幼児向けインターナショナルスクール事業を展開する「HybridMom」、コンビニエンスストアを展開する「ファミリーマート」、勉強カフェを全国各地に展開する「ブックマークス」、レンタル植物工場を展開する「プラネット」の6社が参画する。

 時代は「保有」から「共有(シェアリング)」へと変わってきていることから、レインボーツリー名古屋では、「子どもだけでも楽しめる、大人だけでも楽しめる、子どもと大人も一緒に楽しめる」シェアリング空間を提供。異業種6社の強力なパートナーシップにより、次世代型シェアリングビジネスを実現する。

 また、屋上庭園、食育体験農園と連携した集客・情報発信、子育て支援施設、インターナショナルプリスクール、園芸教室、ヨガスタジオ、カフェスペース、大人のための勉強場所が、同一施設においてそれぞれの機能を共有することによって展開する。そこで企画されるさまざまなイベント催事を通じ、新たなコミュニティ機会の活性化を実現する。 《リセマム 工藤めぐみ》