【詳細】他の写真はこちら

『Nintendo Switch』にも対応予定です。

自宅にゲーム機が増えるにつれ、部屋に散乱しがちな“コントローラ”。「どうして複数機種のゲーム機でコントローラを使いまわせないんだろう?」と思ったことが一度や二度は誰しもあるはずです。ハードゲーマーなら特に頭を抱えているのではないでしょうか?

そんな悩みを感じたことがあるあなた! 全方位的にゲームを愛するあなたにおすすめしたいのがこちら『PlayStation 4』や『XBOX One』、さらにはパソコンやスマホでも使えるゲームコントローラー『ALL Controller』です。クラウドファンディングサイトのKickstarterでは資金調達目標額を達成済みとなっています。

とにかく守備範囲が広い!





現行機種の『PlayStation 4』や『XBOX One』はもちろん、1世代前の『PlayStation 3』や『XBOX 360』にも対応するこの『ALL Controller』。さらには任天堂の『Wii』や『Wii U』、『Nintendo Switch』にも今後対応予定なのだそう。ゲーム専用機以外にもWindows、Mac、LinuxなどのPCに加えて、Androidスマホやタブレット、iPhoneにiPadと、思いつく限りほとんどのゲームプラットフォームで使える模様。このコントローラーひとつで、全てのゲームを楽しむという夢が実現できます。

コントローラーによる入力を受け付けていない古いPC向けのゲームでも『ALL Controller』の設定をマウス&キーボードモードに切り替えれば、まるでPCのマウスやキーボードから操作しているようにプレイできるんだそうですよ。

接続方法も多彩です





この製品には有線接続のタイプのほか、USBドングルが付属し、ケーブルもしくはワイヤレスで接続するタイプなど複数のバージョンが存在しています。接続タイプ毎にスマホやタブレット端末、コンソールゲーム機への対応状況が若干異なるよう。多種多様な接続方法から選べるのはうれしいところです。ちなみに無線タイプの通信範囲は約18m。本体には1020mAhのリチウムイオンバッテリーが搭載されており、およそ40時間の連続利用ができるとのこと。

カスタマイズ機能でさらに楽しく





コントローラー中央に設置されたディスプレイでは、接続機器に合わせたドライバの選択ができます。また最大16個のプロファイルを保存したり、マクロ機能を利用したり、格闘ゲーム用にコンボ機能を設定したり、本体ジョイスティックの感度を変更したりと、機能盛りだくさん。単に便利なだけでなく、よりゲームを快適に楽しめるんです。

『ALL Controller』は上記のようにプロジェクトがすでに成立しており、現時点では55カナダドル(約6100円)の支援で有線モデルを、100カナダドル(約1万1000円)の支援でUSBドングルつきの無線モデルが入手できます。製品の出荷時期は2018年5月。全世界への配送に対応してくれるそうです。

文/塚本直樹

関連サイト



『ALL Controller』プロジェクトサイト(英語)