命を救うために一刻を争う

写真拡大

新潟県の高校の野球部に所属する女子マネジャーが、練習場から約3.5キロ離れた学校に走って戻った直後に倒れ、意識不明で病院に搬送され入院したが、半月ほど後に亡くなった。

死因は「低酸素脳症」とされた。どんな症状かを調べた。

原因として心筋梗塞、心停止、窒息

新潟県加茂市の加茂暁星高校は2017年8月6日、飯沼和男校長名でウェブサイト上に次の文書を掲載した。

「去る7月21日(金)に救急搬送され入院中だった野球部マネージャー2年生が8月5日(土)夕方亡くなりました。心からご冥福をお祈り申し上げます。事故の経緯を検証し、今後このような悲しいことが起こらぬよう、対策を講じていく所存です」

複数の報道によると、この女子生徒は普段、学校と練習場の往復ではマイクロバスに乗っていたが、7月21日はけがをした部員をバスに乗せるため、練習場から学校まで走って戻るよう監督から指示されたという。また8月6日付の朝日新聞デジタルによると、女子生徒が倒れた直後、監督は「呼吸は弱いけれどある」と判断して、救急車の到着までAED(自動体外式除細動器)は使わなかった。

低酸素脳症について、日本救急医学会のウェブサイトに説明がある。「循環不全または呼吸不全などにより、十分な酸素供給ができなくなり脳に障害をきたした病態」で、「原因として、心筋梗塞、心停止、各種ショック、窒息などが挙げられる」。7月26日付の毎日新聞によると、女子生徒の場合も心肺停止で搬送されたという。

心停止で脳に酸素が供給されなくなると、「意識は数秒以内に消失し、3-5分以上の心停止では,仮に自己心拍が再開しても脳障害(蘇生後脳症)を生じる」と説明されている。わずか数分で、非常に深刻な事態に陥るのだ。

深刻な後遺症が残るかもしれない

NPO法人の東京高次脳機能障害協議会のサイトには、低酸素脳症となった患者の事例が複数掲載されている。そのなかで38歳男性の例では、急性心筋梗塞が原因だった。1か月間昏睡となり、10か月入院。後遺症として「失語症(言語での意思疎通は不可)・行動と感情の障害、体幹機能障害」が残った。

当時を振り返っている家族の手記を一部抜粋しよう。

「後遺症により、言語での疎通が全く出来ず、知的面ではかなりのダメージを受けていました。その為、医療の意味がわからず全て抵抗し、大声奇声となる。そんな中、ようやく決まった転院先では、リハビリが成り立たないという理由で1日程度で退院。再度、救急病院へと戻りました」

最終的には、受け入れてくれる医療機関が見つかったようだが、本人も家族もどれほど苦労と心配が大きかっただろうか。

心停止で呼吸が止まった状態の人には、近くにいる人がAEDを使うことが命をつなぐうえで大きなポイントになる。何も措置を講じなければたった数分で低酸素脳症になる恐れがあり、たとえ助かってもその後に深刻な後遺症が残るかもしれないからだ。

J-CASTヘルスケアでは2016年7月25日付記事で、日本救急医学会に取材し、次のようなコメントを得ている。

「重要なことは、原因にかかわらず、反応がなく、呼吸が普段通りでなければ、心停止を疑ってAEDを使用してみることです。判断に自信が持てないときも心肺蘇生を開始し、AEDを使ってみることを勧めています」

AEDの使用により、症状が悪化することもないそうだ。生死を分けるわずかな時間で、ちゅうちょしている場合ではないだろう。