Wanna One、デビューショーケース開催「夢なのか現実なのかまだ実感できない」

写真拡大

Wanna Oneがデビューに向けて感想を伝えた。

Wanna Oneは7日の午後4時、ソウル高尺(コチョク) スカイドームで1stミニアルバム「1X1=1(TO BE ONE)」発売デビューショーケースを開催し、取材陣の前に登場。

この日、パク・ウジンは「練習生時代、遠く感じられたデビューが目前にある。夢なのか現実なのか、まだ実感できていない。第一歩を踏み出す瞬間は、僕たちのスタートが成功できるように、最善を尽くして活動する」と話した。

Mnet「プロデュース101」シーズン2で選抜されデビューしたWanna Oneは、カン・ダニエル、パク・ジフン、イ・デフィ、キム・ジェファン、オン・ソンウ、パク・ウジン、ライ・グァンリン、ユン・ジソン、ファン・ミンヒョン(NU'EST ミンヒョン)、ペ・ジニョン、ハ・ソンウン(HOTSHOT ソンウン) で構成された11人組のプロジェクトグループだ。

ファンの投票で決定されたタイトル曲は「Energetic」で、繊細で強烈なメロディが特徴だ。Wanna OneとWannable(Wanna Oneのファン名称) の最初の出会いの感情を表現している。この他「Burn It Up」「Wanna Be (My Baby)」「Never」「僕だよ僕」などが収録されている。

韓国でこの日の午後6時に公開される。