地元で愛される「ずんだ餅」とチョコレートのコラボレーション

写真拡大

ウェスティンホテル仙台は、今年の8月1日(火)に開業7周年を迎えた。記念して宮城県などで親しまれているずんだ餅をモチーフにした新作チョコレート「ショコラ de ずんだ」(税抜1500円)を8月1日(火)から販売している。

【写真を見る】ホテル開業7周年!宮城×世界のスイーツ誕生!

郷土料理として古くから宮城県などで愛されている「ずんだ餅」とチョコレートのコラボレーションをコンセプトに作られた「ショコラ de ずんだ」は、モチモチのぎゅうひとクリスピーなシリアルをずんだガナッシュで包んだトリュフ型生チョコレート。薄緑色のガナッシュは、みずみずしいずんだ餡と宮城県石巻産「伊達の旨塩」をミルキーな風味のフランス ヴァローナ社のホワイトチョコレートに合わせ、軽やかな甘さに仕上げた。大豆のパウダーをまとい丸々と成熟した枝豆のような 「ショコラ de ずんだ」は、凍らせるとさらに美味しくなる。

開業7周年を記念して作られた「ショコラ de ずんだ」は1箱7個入りで、夏のギフトや仙台観光の土産におすすめ。心躍るこの季節にぴったりの軽やかな味わいを楽しんでみてはいかが?