【ビルボード】HKT48の『キスは待つしかないのでしょうか?』が284,698枚を売上げシングルセールスチャート首位

写真拡大

 HKT48の『キスは待つしかないのでしょうか?』が、初週累計284,698枚を売上げ週間シングル・セールスチャートで首位を獲得した。

 本作は、HKT48の10作目のシングル。前作『バグっていいじゃん』の初週累計317,368枚には及ばなかったものの、初動3日間の売上げ256,175枚から、さらに3万枚弱伸ばし2位以下を大きく引き離し首位となった。

 続く2位はBOYS AND MENの『帆を上げろ!』が獲得。ドラマ「マジで航海してます。」の主題歌にも起用されており初週累計で139,105枚を売り上げたが、惜しくも1位に届かなかった。

 そして3位はももいろクローバーZの17thシングル『BLAST!』。初動3日から1万枚を積み上げ、初週累計38,212枚を売り上げた。

◎Billboard JAPAN Top Singles Sales
(2017年7月31日〜8月6日までの集計)
1位『キスは待つしかないのでしょうか?』HKT48 284,698枚
2位『帆を上げろ!』BOYS AND MEN 139,105枚
3位『BLAST!』ももいろクローバーZ 38,212枚
4位『EASY LOVE』SF9 33,770枚
5位『ラブライブ!サンシャイン!! デュオトリオコレクションCD VOL.1 SUMMER VACATION』Aqours 25,925枚