SUMMER SONIC 2017に出演が決まったCL

写真拡大

BIGBANG、PSY、WINNER、iKON、BLACKPINKなど、全世界をまたにかけて活動する実力派アーティストが在籍する韓国の大手芸能事務所YG ENTERTAINMENTに所属する、CL(読み:シーエル)がSUMMER SONIC 2017に出演することが決定した。

CLは2NE1(トゥエニィワン)のラッパー兼リーダーとして2009年にYGよりデビューした。幼少期の多くを日本・フランスを含む海外で過ごした影響で韓国語、英語、仏語、日本語の4カ国語を操り、ダンス・ラップ・歌などすべてをこなすマルチプレーヤーだ。同事務所所属のBIGBANGとのコラボ楽曲「LOLLIPOP」で鮮烈に音楽シーンに現れ、「FIRE」等リリースする楽曲が韓国音楽チャートで軒並み1位に輝いた実績を持つ。Black Eyed Peasのウィル・アイ・アムや、世界的なデザイナーのジェレミー・スコット等、音楽・ファッション業界のセレブリティ達も絶賛するほどのアーティストポテンシャルを持ち、2016年のグループ解散以降はソロとして活動している。同年、シングル「LIFTED」で待望の全米デビューを果たした。現在はジャスティン・ビーバーを生み出したスクーター・ブラウンのマネジメントのもと、世界的なプロデューサーであるディプロやスクリレックス等とともにコラボレーションを行う予定。今後の積極的な活動が熱望されている。

そんなCLが日本屈指の大型音楽フェスティバルである、SUMMER SONICに今回初参戦する。東西会場の最大規模ステージにて、CALVIN HARRIS、5 Seconds Of Summer、そして過去に共演経験もある前述のウィル・アイ・アム擁するBlack Eyed Peasなど早々たるアーティストに交じって出演。全米デビューも果たした彼女が、ダイナミックでセンセーショナルなパフォーマンス見せてくれることを期待したい。【ウォーカープラス編集部/モリオカユカ】