天性の強靭な肉体で「傑出していた」 ベンゲルが新加入DF”ボスニアのハルク”を絶賛

写真拡大

アーセナルがコミュニティー・シールドをPK戦の末に制す コラシナツが同点弾

 昨季FA杯王者のアーセナルは現地時間6日、新シーズンの到来を告げるコミュニティー・シールドでリーグ王者チェルシーをPK戦の末に下し、今季最初のタイトルを獲得した。

 この試合で印象的な活躍を見せたのは、途中出場ながら貴重な同点弾を奪った新戦力のボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツだった。アーセン・ベンゲル監督も屈強なフィジカルを備える24歳に賛辞を送っている。

 ベンゲル監督はコラシナツをベンチスタートとしたが、前半28分にDFペア・メルテザッカーが相手DFギャリー・ケイヒルとの接触プレーで負傷したことを受けて、急きょ途中投入した。

 前半を0-0で折り返し、後半2分にMFビクター・モーゼスに得点を許して1点ビハインドを背負ったアーセナル。試合終了も近づく同37分に同点弾を決めたのがコラシナツだった。セットプレーのチャンスでゴール前に飛び込むと、MFグラニト・ジャカのFKを頭で押し込んだ。試合はそのままPK戦にもつれ込むと、PKスコア4-1でアーセナルが見事にトロフィーを獲得した。

 途中出場でチームを救ったコラシナツを指揮官も絶賛。クラブ公式サイトでコメントが紹介されている。

「彼は上手く試合に入った。普段ウイングバックかフルバックでプレーするが、センターバックでもプレーできる。先週もとても興味深いパフォーマンスをしていたけど、今日は先発させることをためらった。ウェンブリーでの試合はプレッシャーがかかるからね。でも彼は途中出場でも傑出していた」

「破壊者」や「タンク」という異名も

 24歳のレフティーは筋骨隆々の肉体を持ち、フィジカルの強さには定評がある。激しい肉弾戦が繰り広げられるプレミアリーグへの適応についてもベンゲル監督は太鼓判を押し、その強さは天性のものだと語っている。

「彼は生まれながらにして、とても強いフィジカルを持っている。選手にはジムで鍛え上げる選手と生まれながらにして強い選手がいるが、彼は後者だね」

 ベンゲル監督から高い評価を受けるコラシナツについて、英紙「テレグラフ」はその異名を紹介している。その強靭な体と激しさを持ち合わせたプレースタイルから「破壊者(The Destroyer)」、「タンク(The Tank)」、そして「ボスニアのハルク(The Bosnian Hulk)」という数々の異名を持つという。一躍レギュラー争いに名乗りを上げたこともあり、今後も注目を集めることになりそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images