エビ中、立命館大学とのコラボ曲「YELL」初披露&MV公開

写真拡大

私立恵比寿中学が8月6日(日)、大阪府 立命館いばらきフューチャープラザ グランドホールにて<私立恵比寿中学 × 立命館大学「リアル頑張ってる途中」番組一周年記念公開収録&新曲「YELL」初披露しちゃいますミニライブ>を開催した。

◆私立恵比寿中学 画像

私立恵比寿中学(以下、エビ中)は立命館大学入試広報課の平成29年度アンバサダー(広報大使)を務めており、今回のミニライブもこの活動の一環として開催されたもの。当日は約800人が会場に集まり、開演前から番組リスナー、立命館大学学生、ファンクラブ会員たちの賑やかな声であふれかえった。

ミニライブ本編では、「ebiture」のあとに「未確認中学生X」でコミカルな歌とダンスを披露。トークでは「ここ本当に大学?」「本物のホールみたい」「キャンパスに公園あったよね?」とキャンパスの広さにビックリ。観客の元気に負けてられないと、真山りかが「イエー!」とハイテンション勝負を挑む一幕も。

続いて、夏にぴったりな曲ということで「ラブリースマイリーベイビー」を披露し、いよいよ新曲「YELL」へ。本作MVは立命館大学 衣笠キャンパスですべて撮影されており、メンバーたちは「きれいなキャンパスだったよね。芝の緑とこの衣装が合ってた」「めちゃくちゃ青春って感じ」「衣装もチアガール風です」「アイドルらしい曲だよね」とそれぞれこの曲の印象を思い思いに語った。また、振り付けは、代表が立命館大学卒業生である振付師ユニット「振付稼業air:man」が担当。サビには応援団風の覚えやすい振り付けが盛り込まれている。

無事「YELL」が終わると、「曲の後半にみなさんが踊ってくださってうれしかったです!」とメンバーたちも感激。「ポイントは『立』『命』『Y』『E』『L』『L』の振り付け!」とさっそくレクチャーした。

大いに盛り上がったミニライブはあっという間に終了となり、ミニライブのあとは、私立恵比寿中学のメンバーがパーソナリティを務めるラジオ番組「立命館大学 presents リアル頑張ってる途中」(TOKYO FM:毎週金曜日21:00-21:25) が一周年ということで、番組初の公開収録を実施。 この公開収録の模様は8月18日(金)に放送予定となっている。

なお、新曲「YELL」は8月26日リリース予定の配信シングル「FAMIEN'17 e.p.」に収録される。

配信シングル「FAMIEN'17 e.p.」 
2017年8月26日(土)配信スタート
¥1,000(w/t)
収録曲
01.HOT UP!!!<作詞・作曲:Jose(TOTALFAT)/編曲:Kuboty、Jose(TOTALFAT)>
02.YELL(立命館大学×エビ中 応援ソング) <作詞・作曲:IMAKISASA/編曲:ツカダタカシゲ、IMAKISASA>
03.なないろ(716 LIVE VERSION)<作詞・作曲:池田貴史/編曲:池田貴史、山口寛雄>
04.サドンデス(716 LIVE VERSION)<作詞・作曲・編曲:岡崎体育>

ライブ/イベント出演情報
<ワンマンコンサート情報>
■8/26(土)『エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん in モリコロパーク 2017』@モリコロパーク(愛・地球博記念公園)
Official HP : famien.com
■9/23(土・祝)『エビ中 秋風と鈴虫と音楽のしらべ 題して「ちゅうおん」2017』@秩父ミューズパーク 野外ステージ
■11/11(土)『私立恵比寿中学秋田分校』@秋田県民会館大ホール

<イベント情報>
■8/14(月)『坂崎幸之助のももいろフォーク村』第75夜「GIRLS'FOLKTORY17」@Zepp Tokyo
■8/27(日)『@JAM EXPO 2017』@横浜アリーナ
■8/30(水)『BULLET TRAIN 5th Anniversary Special「超フェス」"超"スタダフェ』(w/超特急)@豊洲PIT
■9/9(土)『PIA 45th Anniversary MUSIC COMPLEX 2017』@新木場・若洲公園
■9/16(土)『シミズオクト Presents 氣志團万博2017 〜房総与太郎爆音マシマシ、ロックンロールチョモランマ〜 Supported by イオン銀行』@千葉県・袖ケ浦海浜公園
■10/13(金)『TOKUFUKU LIVE Connect! Vol.2」』(w/BiSH)@新木場STUDIO COAST