マツコ・デラックス

写真拡大

7日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、マツコ・デラックスが自身の身の上におきた異変を明かした。

この日の番組には、夏休みということでレポーターにニュージーランドと日本のハーフ、現在10歳のライアンくんが代打出演を果たした。

ライアンくんが自己紹介を終えると、マツコは「かわいい〜! うちの子にしたい〜!」と歓喜の声をあげる。ライアンくんが自身の行ったロケの概要を紹介すると、その流暢な口ぶりをマツコは「すごいね!」と手放しに称賛する。

マツコはさらに「今日はちょっと下品なネタ飛ばさない?」「ライアンちゃんに聞かせたくないんだけど!」とライアンくんをきづかい、スタジオの笑いを誘う。マツコ曰く「ないはずの子宮がウズウズしてきて」いるという。

そんなマツコは自身の身の上に起きた異変を語る。「まさしくこれ(ライアンくんに対して)が象徴してるんだけど、屈強な男とかを見てムラムラするとかいうのがほぼなくなり、子どもを見ると、育てたくなる」「完全に母性になった」と、自身の変化を明かした。

マツコをよく知るレギュラーコメンテーターの若林史江氏も、マツコが以前、犬や猫を飼いたくなっていると発言していたことについて「(以前なら)考えられない」と指摘。「(以前は)うちの犬なんて殺すような勢いだった」と明かし、マツコも「今だったらあれが『かわいい』ってなるのかも」と以前とは違う自分について思いを巡らせていた。

【関連記事】
マツコ・デラックスがネコを飼うのを断念した理由「おまんま食いそこねる」
マツコ会議に有名ギタリストが偶然出演…英会話教室でマンツーマン授業
有吉&マツコ 「雑談力」をもてはやす風潮に異論「勉強することじゃない」