元ガラタサライのヴェスレイ・スナイデル【写真:Getty Images】

写真拡大

 フランス1部のニースは6日、オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデルの加入が個人合意に達したことをクラブ公式サイトで発表した。

 トルコのガラタサライを退団してフリーとなっているスナイデルを獲得するためにクラブ間合意は必要なく、個人合意のみで事実上加入は決定したことになる。7日に予定されるメディカルチェックで問題がなければ正式にニースとのサインを交わす見通しだ。

 現在33歳のスナイデルはアヤックスの下部組織で育ち、2002年にトップチームにデビュー。その後レアル・マドリーやインテルでもプレーし、2013年からガラタサライに在籍していたが、双方合意のもとで契約を解消して退団することが先月半ばに決まった。

 ニースでは、インテルで過去にチームメートだった元イタリア代表FWマリオ・バロテッリと再び同僚となる。バロテッリはスナイデルと2人で撮影された写真をインスタグラムで投稿して再会を喜ぶ様子を見せている。

 昨シーズンのフランス・リーグアンで3位と躍進したニースは今季のチャンピオンズリーグ予選にも出場しており、3回戦でスナイデルの古巣アヤックスを撃破。本戦出場のかかるプレーオフではナポリと対戦することが決まっている。

text by 編集部