【詳細】他の写真はこちら

ご家庭だけでなく、職場にも。

パソコンを普段使う上で悩ましいのが、ソフトごとの音量設定が面倒臭いこと。わざわざコントロールパネルを開いてチマチマとスライダーで音量を変えるのって、結構手間がかかりますよね。そんな悩みを解決してくれるアイテムです。PC上で動作するソフトの音量を個別に調整できる外付けボリューム・ノブ『PCPanel』が、クラウドファンディングサイトのKickstarterに登場しました。

手触りの良さそうなボリューム・ノブでスムーズに音量操作







Windows PCに専用ソフトウエアをインストールし、『PCPanel』をUSBケーブルでPCと接続。『PCPanel』の各ノブにアプリケーションを割り当てれば、ソフトごとの音量を変えられるようになります。例えばゲームソフトや動画プレーヤーの音量をそれぞれノブに割り当てておけば、PCからのシステム通知音などの必要なサウンドに影響を与えることなく、ゲームや動画の音量を個別調整できます。それぞれのノブは回すだけでなく、ボタンのように押しこむことも可能です。

ボディはカエデ材から作られ、ノブは手作業で研磨されたアルミニウム製。スルスルとスムーズに回せるそうですよ。

設定変更は専用ソフトから





Windows用のソフトウエアからは音量調整するソフトの割り当てだけでなく、それぞれのボタンに個別の機能を設定できます。たとえばノブをボタンプッシュすることによるキーボードショートカットやソフトウエアの起動/停止、オーディオプレーヤーのコントロール、出力に用いるオーディオデバイスの切り替えまで設定可能とのこと。ただ、残念なことに、この『PCPanel』はMacには非対応。いずれMac用のソフトウエアが開発されるのを待ちたいですね。

机においても、貼り付けても





製品には粘着テープが付属し、机の下にコンソールボックスのように貼り付けられます。なんともオトコゴコロをくすぐる光景ですね。

このプロジェクトはすでに資金募集に成功しており、現時点では54ドル(約6000円)の出資で1台入手できます。製品の出荷時期は2017年10月予定。送料25ドルで日本への配送を行ってくれる模様です。

文/塚本直樹

関連サイト



『PCPanel』プロジェクトページ(英語)