アメリカンアキタってどんな犬?

「秋田犬」といえば忠犬ハチ公にも代表されるように、日本では昔から人気の犬種です。日本の天然記念物7犬種のうちの1つでもあります。

そんな秋田犬にルーツを持つ「アメリカンアキタ(American Akita)」をご存知でしょうか。グレートジャパニーズドッグとも呼ばれ、第二次世界大戦後にアメリカ兵が連れ帰り、改良を重ねて誕生したといわれています。

今回はそんなアメリカンアキタについて、性格や特徴、秋田犬との違いまでご紹介します。

アメリカンアキタと秋田犬の歴史

秋田犬は古来から秋田地方でマタギ犬と呼ばれる狩猟犬として、日本人と共に生活してきました。日本犬の中でも最も大きな体を持ち、日本犬の中で「最も美しい犬種」だといわれています。その大きな体はマスティフや土佐犬との交配が繰り返され、大型犬化したともいわれています。

そんな秋田犬はアメリカ人をも魅了し、第二次世界大戦後に日本へ駐屯していた兵士がアメリカへ連れ帰り、シェパードなどとの交配を行いアメリカンアキタ(グレートジャパニーズドッグ)が生まれました。

アメリカンアキタの特徴

アメリカンアキタは秋田犬同様、骨太のしっかりとした骨格を持ちます。アメリカンアキタと秋田犬とを比較するとやや大きな体を持つ「超大型犬」に分類され、体長は61〜71cm、体重は27〜60kg前後です。広い三角形の頭部に直立の耳、小さな目に深いマズルを持ちます。アメリカンアキタのマズル周辺はブラックマスクの被毛を持ち、全身には厚めのアンダーコートと硬く短めのアウターコートのダブルコートの被毛を持ちます。

アメリカンアキタの性格

アメリカンアキタは秋田犬と同様に、初心者にはしつけが非常に難しい犬種といえます。縄張り意識が非常に強く、家族や家庭を守ろうとするため、他人への攻撃性が高い一面を持ちます。他人への噛みつきなどの事故も多いため、しっかりとしたしつけを行う必要があります。

また、アメリカンアキタは飼い主に従順で学習能力も高い犬種ですので、確固たる主従関係と信頼関係を築くようにしましょう。忍耐力があり賢い犬種のため、飼い主がリーダーシップを取り信頼関係を結ぶことができれば、アメリカンアキタは心強い従順なパートナーとなってくれます。

アメリカンアキタの飼い方と注意点

十分な広さと犬だけの空間を用意できない場合、室外での飼育に適しています。室内飼育はストレスを与える原因になるため、基本的にはアメリカンアキタは室外飼育が薦められています。

また、アメリカンアキタはその大きな体に適した十分な運動量が必要です。1~2時間の散歩を1日に2回以上行いましょう。歩くだけではなく、走りを取り入れた散歩が必要です。

換毛期には大量の被毛が抜けます。アメリカンアキタは被毛の量が多いため、普段から毎日のお手入れは欠かせません。コミュニケーションもかねて毎日のブラッシングを行いましょう。月1回、シャンプーを行ってあげましょう。

アメリカンアキタが気を付けたい病気

甲状腺機能低下症自己免疫性甲状腺炎膝蓋骨脱臼股関節形成不全脂腺炎

アメリカンアキタは大型犬に多い疾患以外にも、秋田犬にも多く見られる皮膚疾患である「脂腺炎」にかかりやすいです。異常や異変が見られたらすぐに病院を受診してください。アメリカンアキタは超大型犬のため、受診可能な医療機関を事前に確保しておくことも大切です。

アメリカンアキタのまとめ

1937年にヘレン・ケラーが来日した際に、2頭の秋田犬をアメリカへ持ち帰った際に話題となりました。そんなアメリカ人にも愛され、古来から日本人と生活してきた秋田犬にルーツを持つアメリカンアキタは日本人にも親しみやすく、たくさんの魅力を持ちます。

しかし、アメリカンアキタは体が大きく運動量が必要で、ブラッシングなどのお手入れも欠かせず、疾患にも気を付ける必要があります。秋田犬と同様にしつけも難しいため、飼育するにはしっかりとした知識と覚悟を持つ必要があります。

アメリカンアキタを飼うのには難しさがある分、信頼関係が築けた場合には心強い唯一のパートナーとなってくれます。初心者にはおすすめできませんが、飼い方をよく理解したうえで、覚悟を持ってアメリカンアキタを家族に迎え入れてくださいね。