スカパラが13年ぶりに『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』に出演、民生とコラボ

夏フェスシーズンはミュージシャンのSNS上にさまざまなオフショットがアップされて盛り上がりをみせるが、東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦(バリトンサックス)のInstagramにアップされた写真が豪華だと話題だ。

<耳マンのそのほかの記事>

谷中は8月6日、同月5日に茨城県・ひたち海浜公園で開催された音楽フェス『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』のオフショットをInstagramに公開した。5日、6日、11日、12日と4日間にわたって開催される同フェスの初日に東京スカパラダイスオーケストラも出演。意外にも13年ぶりの同フェス出演となった彼らは、奥田民生をフィーチャリングした楽曲『美しく燃える森』(2002年)を、奥田とともに披露するなど会場をわかせた。

奥田民生さん、SuchmosのTaiheiくんとYonce。 #奥田民生 #suchmos #rockinjapan #ロッキン

谷中敦 [東京スカパラダイスオーケストラ]さん(@a.yanaka)がシェアした投稿 -

谷中敦 Instagram

「豪華すぎ」「スゲー感動する」の声

ライブ後、谷中はステージをともにした奥田(ユニコーンとしても出演)、そして若い世代からの絶大な支持を集めるSuchmos(同日に出演)のボーカルYONCEとキーボードTAIHEIの4人と撮影した写真を公開。それぞれにこやかな表情を浮かべており(奥田は……笑)、世代を超えた人気ミュージシャンのほっこりする集合写真に「豪華すぎ」「スゲー感動する」「嬉しすぎな4ショット」「大好きな方が勢揃い」など喜びの声が寄せられている。東京スカパラダイスオーケストラとSuchmosはほぼ同時刻に別のステージに出演していたため、両方を観ることができなかった人も多かったようだが、そんなファンたちも大満足の一枚となったようだ。

今後もまだまだ各所で夏フェスが開催される予定。ミュージシャンのSNS上もまだまだ盛り上がりそう。要チェックだ!

[耳マン編集部]