再会ラブ!?久しぶりに会った男性を一瞬で落とすキラーフレーズ

写真拡大



同窓会や久しぶりに開催されたサークルのOB会、友人の結婚式。しばらく会っていなかった男性に再会した瞬間、「ちょっといいかも…」と胸がキュンとした経験はありませんか?


新たな出会いに目を向けるよりも、ずっと本気の恋に進展しやすい同級生や男友達。意外と相手もあなたに“恋心”を抱いているかもしれませんよ。


そこで今回は、20〜30代独身男性を対象に「女友達に言われて最高にドキッとした台詞」を徹底リサーチしてみました!

■1.「変わったね。なんだかドキドキしちゃう」

「大学を卒業してから、まったく会う機会のなかった同級生の女の子に『なんか雰囲気変わったね。男らしくってドキドキしちゃう』と言われて、こっちがドキドキしちゃったよ。お酒の勢いもあったし、改めて連絡先を交換して近いうちに飲み直す約束をしたから、何か進展があるかも…と密かに期待しているところ」(30歳/公務員)


ここでのポイントは、「変わったね」という褒め言葉に、「ドキドキしちゃう」「素敵!」と感情表現をプラスすること。男性はマンザラでもない表情を浮かべて、「そうかな?」とあなたを見つめ直してくるはずです。


もっとカレのことを知りたいなら、サクッと連絡先を交換して次に会う約束をしましょう。“鉄は熱いうちに打て”という言葉を信じて行動すれば、恋に進展する可能性がぐっと高まりますよ。

■2.「元気にしてた?心配してたんだよ」

「同窓会で目が合った瞬間、『元気だったの?飲み会に誘ってもなかなか顔を出さないから、心配していたんだよ』と声をかけられて、最高にテンションが上がった。会えない時間に想いを寄せてくれていたんだ、と舞い上がてしまった俺。ちょっと単純すぎるかな?」(29歳/IT)


気になる存在ではあるけれど、なかなか話をする機会がない。そんなときは、思い切って「元気にしてた?」「今何しているの?」とカレの近況を聞き出してみましょう。意外な共通点が見つかるかもしれません。


また、「久しぶりに会えてよかった」と喜びを表現すると同時に、「会えないから、心配していたの」と特別な存在であることを伝えれば、カレのハートをぐっと掴めるはずですよ。

■3.「会えなくて寂しかった?」

「学生時代に一度告白して振られてしまった女性と、久しぶりの再会。初めのうちは気まずかったんだけど、お酒を飲んでいるうちに意気投合!『私に会えなくて、寂しかったの?』なんて冗談まで飛び交うように…。正直、そんなこと言われると、再燃してしまいそうなんだけど」(28歳/金融)


お酒が進んでいい雰囲気になってきたところで試してみたいのが、「私に会えなくて、寂しかったでしょ?」という冗談めいた口説き文句。過去にお付き合いしたことのある男性、告白されたことのある男性と、もう一度恋を始めたいときに効果的ですよ。


ただし、だれかれ構わず口にしたり、同性に聞かれると「あざとい女」だと思われてしまいます。冗談っぽく、かつ周りに誰もいないことを確認して、そっと耳元で囁いてみて!

■4.「もう彼女できちゃった?」

「数年前に、友人の紹介で知り合った彼女。たまたま結婚式の二次会で再会して、昔よりずっと魅力的になったな…と見惚れていた。たまたまチーム対抗のゲームで同じグループになって、『懐かしいね』と盛り上がっていたとき、耳元で『○○くん、もう彼女できちゃった?』と聞かれて妙に意識してしまった」(26歳/メーカー)


いい雰囲気になったことはあるけれど、交際まで至らなかったカレ。久しぶりに再会したら、すごく魅力的な大人の男性に成長していることがありますよね。


「逃した魚は大きかった」と後悔している時間はありません。ふたりっきりのときを狙って、「もう…彼女できちゃったかな?」と寂しそうな表情を浮かべてみましょう。フリーの男性なら、間違いなく胸キュンするはずです。

■おわりに

久しぶりの再会で男性のハートを射止めるポイントは、ちょっと大げさなくらい“オンナ”をアピールすることかもしれません。あなたもここぞ、というときに今回ご紹介した4つのキラーフレーズを試してみてはいかがですか?(mook/ライター)


(ハウコレ編集部)
(ササキミウ @M_Y_3733/モデル)
(Yoshifumi Shimizu/カメラマン)