Presentation licensed by Disney Concerts ©︎ All rights reserved©︎Disney

写真拡大

「ディズニー・オン・クラシック 〜まほうの夜の音楽会」が今年も開催!

【写真7枚】ディズニー・オン・クラシック2017フォトギャラリー

15周年を迎えた2017年のテーマは「Brillante 〜輝きの未来へ」。

初めて『塔の上のラプンツェル』をメイン演目にした今年のプログラムの見どころを、指揮・編曲のブラッド・ケリーさん、ゴーテル役のメラ・ジル・ハーマンさんに伺いました。

第1部は15周年特別プログラム

メラさん「今回の第1部はファンの皆さんの好きな曲からお送りするということで、2016年のツアー中にお客様からリクエストを集めまして、その中からリクエストの多かった曲を演奏します。

第2部は『塔の上のラプンツェル』をお送りします。」

ブラッドさん「2002年にディズニー・オン・クラシックが始まって、今年で15年目を迎えるわけですが、今回のプログラムの1曲目では2002年の時の楽曲を一つの組曲にしようということで、10分から15分くらいの曲にして、当時の思い出を振り返るという意味合いで編曲をします。

第1部は、きっと入っているだろうなという曲ももちろん入っていますが、今まで一度もやったことがないような新鮮な楽曲も実は入っているので、新旧含めて楽しんでいただけると思います。」

オープニングは、ブラッドさんが新たに編曲した、「15周年記念 ディズニー・オン・クラシック 〜まほうの夜の音楽会 組曲:“ORIGIN 2002”」。

2002年の第一回目公演で演奏された全曲が、スペシャル・メドレーになります。

また、「ゲスト・リクエスト・セレクション」では、リクエストが多かった「ゴー・ザ・ディスタンス」(『ヘラクレス』)、「トゥー・ワールズ」(『ターザン』)、「ストームライダー組曲」(東京ディズニーシー)の3曲。

「ルーレット・セレクション」では、12曲のノミネート曲の中から、その日演奏する2曲をルーレットで選んで演奏します。

そして、第1部の最後はフロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのEPCOTから「リフレクションズ・オブ・アース」と「ウィー・ゴー・オン」の2曲です。

第2部ははじめて『ラプンツェル』をフル演奏

「ディズニー・オン・クラシック」の第2部は、映画のサウンドトラックをフルで演奏するプログラムが組まれています。

2017年は初めて『塔の上のラプンツェル』がメイン演目になりました。

ブラッドさん「『塔の上のラプンツェル』はとても面白いストーリーだと思います。

主人公のラプンツェルは自分がどこから来たのかという過去を知りたい、自由になりたいという女の子で、一方でフリン・ライダーは自己中心的でありお金を得ることを夢と思っているような、そういう2人が出会います。

しかし実際に映画の中ではお金だけではなくもっと大切なものがあるということにラプンツェルもフリンも気付くというストーリーです。

ストーリーの中ではフライパンが面白い役割を担っていたり、登場人物もそれぞれ個性的ということで、良いプログラムになっていると思います。

『塔の上のラプンツェル』ラプンツェルというのは、より軽やかというか、そこまで重たくない音楽だと思っています。

例えば「春の音楽祭」で演奏した『ノートルダムの鐘』はオペラティックでとても壮大な音楽だと思っています。

『ポカホンタス』もかなりシリアスで壮大な雰囲気が表現されていると思います。

『塔の上のラプンツェル』それとは違ってもう少しライトでポップな感じというか、ストーリー自体もそこまで重たいストーリーではないですし、音楽的にもアコースティックギターとかポップな感じの演目が多く、どちらかというと楽しいアプローチだと思っています。」

そして、メラさんはラプンツェルの母親ゴーテル役として「お母様はあなたの味方」などを歌います。

メラさん「ゴーテルはヴィランズですが、ラプンツェルを傷つけないように守るために過保護すぎる部分があります。

そういう彼女の表現ということろで言いますと、コメディタッチの要素やヴィランズの要素など色々な表情が表現できればと思っています。」

毎年楽しみにしているディズニーファンに一言

メラさん「まず皆さまにありがとうと言いたいと思います。

お客さんがいっぱい入った会場でできることほどやる気になることはありません。

ぜひお越しになっていただいて、皆さまにお会いできることを楽しみにしています。」

ブラッドさん「ディズニー・オン・クラシック15周年を可能にしてくれた皆さん1人1人に感謝しています。

また会場に足を運んでいただければと思います。

今年もとても素敵な音楽と素敵な歌手が皆さんをお待ちしております。

一緒に楽しみたいと思います。」

ブラッド・ケリー(指揮・編曲)
「ディズニー・オン・クラシック〜まほうの夜の音楽会」の第1回(2002年)より指揮・編曲をつとめ、14年間で通算500回ものコンサートを大成功へと導いてきた。

ディズニーの多数プロジェクトに参加しており、東京ディズニーシーテーマソングをはじめ、「ミスティックリズム」「ドナルドのボートビルダー」「アンコール! 」などの楽曲も氏が手掛けたもの。

また、2001年に行われた東京ディズニーシーのグランド・オープニングでは、オーケストラを指揮した。
最近では、上海ディズニーランドのアトラクション楽曲も手掛けている。来日回数は数え切れず、日本文化と日本食をこよなく愛している。

メラ・ジル・ハーマン(ヴォーカリスト・『塔の上のラプンツェル』ゴーテル役)
ニューヨークを拠点に活動。
これまでに、『RENT(レント)』のモーリーン役や、『ガイズ&ドールズ』のアデレイド役、『ALL SHOOK UP』のサンドラ役などを務めたほか、『ジーザス・クライスト・スーパースター』の北米ツアーに参加。

南米や南極大陸を巡るクルーズ客船のショーに出演していた経験もある。
十代の若者に向けたオーディションの参考書を執筆したり、講師を務めたりと、若手アーティストの育成にも力を注いでいる。

ディズニー・オン・クラシック 〜まほうの夜の音楽会 2017
2017年9月21日(木)〜12月24日(日)
全国39都市56公演