とある老舗の出版社には、社の創業者・菊池寛と思しき銅像がある。その銅像は夜な夜な動きだし、仕事をしている若い編集者をつかまえては、自分が見聞きしてきた多くの文豪のエピソードを聞かせてくるとかこないとか……。「文學界」で連載中の人気漫画。

(ドリヤス工場)