仔羊に母羊の乳を飲ませるのが、毎日の仕事=シリンゴル盟・スニド・バロン・ホショー(2013年1月撮影)

写真拡大 (全4枚)

 日本の3倍という広大な面積を占める内モンゴル自治区。その北に面し、同じモンゴル民族でつくるモンゴル国が独立国家であるのに対し、内モンゴル自治区は中国の統治下に置かれ、近年目覚しい経済発展を遂げています。しかし、その一方で、遊牧民としての生活や独自の文化、風土が失われてきているといいます。

 内モンゴル出身で日本在住の写真家、アラタンホヤガさんはそうした故郷の姿を記録しようとシャッターを切り続けています。内モンゴルはどんなところで、どんな変化が起こっているのか。

 アラタンホヤガさんの写真と文章で紹介していきます。

----------

 遊牧民の彼らの一年は春から夏、秋そして冬という四季の移り変わりに伴って、営まれている。

 冬の終わりから春にかけて、モンゴル高原が家畜の出産で賑わう季節である。長い冬が終わりに近づくと、ある日突然、心地よい雪解け水の流れる音と共に、草や花が芽を出し始め、小鳥たちが鳴き始める。

 厳しい冬が終わり、暖かい春がそこまできている嬉しい知らせであり、無事に越冬した遊牧民たちはほっとする。そして、家畜の出産を迎える忙しい季節が始まる。

 春は風が強く、天気が変わりやすく、生まれたばかりの仔家畜の凍死するリスクも高い。最近は、定住化により、レンガ造りの家畜小屋が完備されているので、そのリスクはかなり下がっている。

 家畜がいつ出産するか分からないので、昼夜関係なく、何回も家畜小屋を巡回し、様子を見ながら、無事に出産させることは一番重要な仕事である。

 昼間は一人が一日中家畜についていき、放牧しながら、家畜を無事に出産させることもある。

 昔はホラガン・オートというフェルト製の仔羊を入れる袋があったが、今は殆ど使っていない。私も何年間の取材中でも、一回だけ見たことがあるだけだ。

 仔羊が生まれたら、すぐホラガン・オートに入れ、暖かいゲルまで持っていくために使われていた。そして、毎朝、生またばかりの仔羊たちに母羊のミルクを一匹ずつ飲ませてから、羊群れを牧草地に行かせ、仔羊は暖かい小屋に残される。(つづく)

※この記事はTHE PAGEの写真家・アラタンホヤガさんの「【写真特集】故郷内モンゴル 消えゆく遊牧文化を撮るーアラタンホヤガ第2回」の一部を抜粋しました。

----------

アラタンホヤガ(ALATENGHUYIGA)
1977年 内モンゴル生まれ
2001年 来日
2013年 日本写真芸術専門学校卒業
国内では『草原に生きるー内モンゴル・遊牧民の今日』、『遊牧民の肖像』と題した個展や写真雑誌で活動。中国少数民族写真家受賞作品展など中国でも作品を発表している。
主な受賞:2013年度三木淳賞奨励賞、同フォトプレミオ入賞、2015年第1回中国少数民族写真家賞入賞、2017年第2回中国少数民族写真家賞入賞など。