「マックスパス スマート」

エース株式会社は7日、日本製トラベルバッグブランド・プロテカ製の、IoT を導入した次世代型国産スマートラゲージ「マックスパス スマート」を9月15日から発売開始すると発表した。予約販売は「DoT.」で8月7日から、先行販売はプロテカ日比谷店とエースオンラインストアで9月1日からとなっている。価格は6万6000円(税別)。

本製品は、ソフトバンクがアイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style」と、デザインオフィス「nendo(ネンド)」と共同で取り組む、デザイン特化型のIoT商品開発プラットフォーム「DoT.(Design of Things)」を活用して製品化したスマートラゲージ。出張の多いビジネスマンがラゲージに求める機能を搭載している。

フロントオープンポケット内の専用ポケットにリチウムイオンバッテリーを搭載し、100cmまで伸びるコードリールを内蔵するので、空港や駅などで、充電がしやすい。また、バッテリーは取り外し可能で、手荷物検査時の取り外しにも対応する。


充電イメージ

ラゲージはスマートフォンとの連動機能も有し、ラゲージとスマートフォンが一定の距離以上離れると両方からアラート音がなり、ラゲージとスマートフォン双方の紛失、置き忘れ、盗難を防ぐことができる。また、通信範囲外になった場合でも、Crowd Locate を利用し、他のTrackR ユーザーを通して、無くしたラゲージの最新のロケーションを確認できる。


アラートイメージ

その他のスペックは、容量39リットル、フロントオープンポケット搭載、サイレントキャスター搭載、3年間の無償製品保証、本体サイズ高さ51×幅39×奥行き25cm、重量3.5kg。カラーはブラック・シルバー・ホワイトの3色。

「マックスパス スマート」
URL:https://plusstyle.jp/dot/project/protecamaxpasssmart
2017/08/07