チャン・ドンゴン、米大リーグの始球式に登場…ユニフォーム姿に“視線集中”

写真拡大

俳優チャン・ドンゴンが7日(日本時間)、米ニューヨークのシティ・フィールドで行われた米大リーグのメッツ―ドジャース戦で始球式を務めた。

チャン・ドンゴンの始球式は韓国の国際放送「アリランテレビ」が来年2月に開催される平昌冬季五輪の広報の一環として行った「アリランTVデー」のイベントの一つとして実施された。

アリランテレビは海外に韓国を広報する英語放送で、105ヶ国・地域の1億3800万世帯で視聴可能。米国では、衛星放送や地上波デジタル放送などを通して3200万世帯が視聴している。

メッツのユニフォームを身に着けてマウンドに立ったチャン・ドンゴンは安定したフォームでボールを投げた。

この日の試合ではドジャースの韓国出身の左腕、柳賢振(リュ・ヒョンジン) が先発登板し7回を1安打、無失点、8奪三振と好投し、今季4勝目を挙げた。8―0でドジャースが勝利した。