連続不審死事件 被告が殺害をいったん認めるも否認に転じる事態に

ざっくり言うと

  • 2012年、3府県で起きた青酸化合物を使った連続不審死事件
  • 殺人罪などに問われた被告の裁判員裁判の公判が7日、京都地裁であった
  • 被告はいったん殺害を認めたが、否認に転じるなど発言に混乱がみられた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング