Image: sasimoto / shutterstock.com
※写真はイメージです


AppleとMicrosoftの融和がすすむ?

かつては永遠のライバル、そして今はOfficeソフトウェアの提供などで、なにげにいい関係と思えなくもないApple(アップル)とMicrosoft(マイクロソフト)。そのMicrosoftが、どうやらiPad用キーボードカバー「iPad Touch Cover」を準備しているとの情報が入ってきました。

WinFutureがMicrosoftのサイトから発掘した情報によると、バッテリーを搭載した製品の一覧に「iPad Touch Cover」という項目が存在したそう(現在は削除済み)。この製品はBluetoothで通信し、iPad Proの外部端子こと「Smart Connector」は使わないんだとか…。ロジクールのiPad Pro用キーボード付きケースとは、ちょっと様子が違いますね。

ところで「Touch Cover」とは、MicrosoftのタブレットPC「Surface」に登場した専用薄型キーボードカバーと同じ名前。このキーボードカバーは平たいカバーの上にすこし盛り上がったキーボードが搭載され、ペタペタと打ち込む様子はスマート…ではなく、ちょっと打ちにくかったです。以後、Surfaceのオプションのキーボードカバーは本格的なタイピングに対応する「Type Cover(タイプカバー)」へと移行していきます。なので、いまさらTouch CoverがiPad向けとはいえ、復活するとはどうも想像し難く…。

iPad Proといえば、Apple純正オプションとして「Smart Keyboard」が販売中。こちらはファブリック素材の中にスイッチが内蔵された、それぞれのキーと本体が一体化したキーボード型のカバーです。しかし、現在Surface向けに販売されている「Type Cover(タイプ カバー)」に比べると、若干タイプの気持ちよさが劣るのも確か。Touch Coverよりも、Microsoft製のType CoverがiPad用に販売されたらなぁ…と妄想しています。

今回の情報が未発表の製品なのか、あるいは過去に計画されたもののボツになったものなのかは、現時点ではわかりません。iPadにMicrosoft製のキーボードカバーを接続するという夢は、なんだか夢のまま終わりそうですね。


Image: sasimoto / shutterstock.com
Source: WinFuture via Apple Insider

(塚本直樹)