杉咲花の『ほん怖』出演決定!全5話のキャスト出揃う

写真拡大

 19日21時から放送の『ほんとにあった怖い話』(フジテレビ系列)に杉咲花が初出演することが決定した。

 杉咲が演じる河村佳奈子は、バイト先の先輩・夏乃(横澤夏子)が最近まで住んでいた部屋に引越し、憧れの一人暮らしを始める。だが、その寝室の壁には黒い小さなシミのようなものが・・・。最初は気にしなかった佳奈子だったが、そのシミは日に日に大きくなり、ついには、まるで人のような形になっていく。「ここに住んでた夏乃さんが何か事情を知ってて隠してるんじゃない?」と親友の彩美(石井杏奈)は夏乃を問い詰めるべきだと言うが、「確かに少し怪しいところはある。でも、普段からお世話になってる夏乃さんにそんなことできないよ…」と佳奈子は逡巡する。そんな中、大家に事情を説明し、壁紙を張り替えてもらいホッとした佳奈子だった。が、直後、さらに大きな人影のような黒いシミが浮き出てきて・・・

 出演が決まった杉咲は、「『ほん怖』は、毎年見ていました。夏と言えば『ほん怖』!という感じで大好きな番組ですので、出演が決まったときとてもうれしかったです」と喜びのコメント。ホラー作品も大好きとのことで、「“もしかしたらこのあとお化けが出てくるかも・・・“と感じさせる独特の空気を感じさせるような撮影を現場で体験すると“今ホラー作品を撮ってるんだな”と実感できて、すごく楽しいです」」と撮影のエピソードを生き生きと語っている。

 全5話で放送される今回の『ほん怖』では、NEWSの手越祐也が清掃会社の契約社員役でホラーに初挑戦するほか、野村周平が旧家の古い蔵の解体作業を依頼されて謎の箱の正体解明に挑むこと、そして遠藤憲一が長峰修の家に代々言い伝えられてきた不思議な話を演じること、北川景子がナース役で初出演することが発表されており、杉咲の出演決定で全ての主要キャストが出揃った。『ほんとにあった怖い話』はフジテレビ系列にて19日21時から放送。