マンUに加えチェルシーも獲得を狙うFWガレス・ベイル【写真:Getty Images】

写真拡大

 レアル・マドリーに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイルの獲得に、マンチェスター・ユナイテッドに加え新たにもう1つのクラブが動いているようだ。英紙『ESPN』が報じた。

 2013年の夏にマドリーに加入したベイルは、昨季までの4シーズン、チームの主力としてタイトル獲得に貢献してきたが、度重なる負傷もあり期待されていたほどのインパクトを残すことができていない。そこで前線のてこいれとして、クラブ側がモナコのFWキリアン・ムバッペの獲得に乗り出している今、ベイルはその資金集めのために売りに出されそうな状況に立たされている。

 マンチェスター・ユナイテッドは以前からベイルの獲得を熱望しているクラブとして知られていたが、ここにきて新たにライバルクラブのチェルシーも同選手の獲得に乗り出そうとしているようだ。

 移籍金は9000万ポンド(約130億円)になるとも言われている。果たしてこのウェールズ人FWの去就はどうなっていくのだろうか。

text by 編集部