斉藤由貴の会見に、男性コメンテーターが優しすぎ…魔性モテの3法則

写真拡大

 8月3日夜、不倫疑惑を否定する会見を行った斉藤由貴(50歳)。

 週に4日もマンションで会ってたのは「診察」で、指をがっちりからめた手つなぎは「一瞬のこと」……。普通に考えれば「ち・が・う・だろーーー!」とバッシングされるような釈明でした。

 ところが、ワイドショー等での男性たちのコメントがやたら優しいのです。内容より斉藤由貴の雰囲気に萌えてしまったよう。いくつか引用してみましょう。

◆やたら優しかった男性たちのコメント集

●TOKIO 国分太一
「50歳ということですけど、きれいですね。白いワンピースが本当に似合っていると思いました」

●小倉智昭キャスター
「昔の映像でやっぱり斉藤由貴いいなって思うんじゃないか」「相変わらず魅力的だなと思いましたから、(会見は)マイナス面だけじゃないと思いますけどね」

●テリー伊藤
「独特の雰囲気ですよね。普通、報道陣の前だと身構えるじゃないですか。まったくそういうところがない。無防備でしょ。おもしろいというか、不思議でいい」

●井上公造(芸能リポーター)
「彼女の心の中に抑え切れない思い、みたいなものがずっと燃えているんですよ。すぐ人を好きになっちゃう人だし。(そういう思いを)彼女、宗教という包装紙で包み込んでいる。時々その包装紙が破れちゃうんですよ。

 すごい情熱的な子だし、バーンと破けちゃって、その瞬間好きになって不倫に行ってしまうんです」

●坂上忍
「うまいなあと思ったのは、好意があったことは認めている。けっこうスレスレなところで正直感は感じる。でも肝心なところは記憶がなかったりする。この配分たるやなんと絶妙なんだろう」

 もちろん批判的な人もいましたが、他の不倫タレントがバッシング一色になるのとはずいぶん違うのです。

 斉藤由貴、最強じゃん!

 50歳にしてこのモテオーラ。そこで、斉藤由貴の会見やキャラクターから、私たちも参考にできそうなモテ法則を考えてみました。

◆1)しゃべりもファッションもユルく

 女性はユルくてスキがあるほうがモテる、とはよく言われることです。

「えーと」「あの〜」と繰り返す斉藤由貴の答え方も、抜き襟っぽい白ワンピースも、ユルさが全開。

 かつての小保方晴子さんの釈明会見みたいなキメキメファッションより、好感度が高かったようです。

◆2)男性は、無防備さに萌える

 ロケ現場から直行で、「着たきりすずめで、髪もボサボサで恥ずかしい」と言いながら、140人の取材陣の前に立った斉藤由貴。「好意はあった」「(手をつないだのは)甘えたくなってしまった」と、ポロリと言ってしまう無防備さでした。

 ベッキーの「質問なし」会見のように防御しすぎで叩かれるのとは対象的です。

 一般女性も、たとえば仕事のあと男性と飲むなら、「仕事の後でメイクボロボロで恥ずかしい…」とか「あ〜疲れた、誰かに甘えたい…」みたいなこと言っとくといいかも。

◆3)「欲望を押し殺している」感がエロティック

 ユルくて無防備なだけだと、だらしなさが出てしまうもの。その点、斉藤由貴は「戒律の厳しいモルモン教徒」なのに惚れっぽい、というギャップが魔性につながっています。

 上記の井上公造氏のコメントでわかるように、「押し殺していた欲望がほとばしり出ちゃった」みたいな背徳感はメンズの大好物。

 宗教は無理でも、「家のしつけが厳しい」とか、既婚者なら「貞淑な良妻」に見せておくほうがモテるかもしれませんね。

 まあ、斉藤由貴は「美人だ」という前提があってのことですが、それは言いっこなしということで。

<TEXT/女子SPA!編集部>