提供:リアルライブ

写真拡大

 横浜市在住の50代の医師との不倫疑惑を報じられ3日に釈明会見を行った女優の斉藤由貴が、会見翌日の4日朝、子供とともに羽田空港から沖縄に旅立っていたことを、発売中の「フラッシュ」(光文社)が報じている。

 斉藤と医師の不倫疑惑は先週発売の「週刊文春」(文芸春秋)が大々的に報じたが、「フラッシュ」も今年6月に不倫疑惑の情報をキャッチ。取材を開始していたという。

 同誌によると、やはり斉藤と医師は、斉藤が借りているマンションの一室で頻繁に密会。医師は交際の証しとして、斉藤にお気に入りの宝石をプレゼントしていたというのだ。

 そこまで親密な関係だからこそか、同誌が斉藤を直撃すると狼狽。医師を直撃すると記者をスマホで動画撮影し、あくまでも「医師と患者」の関係を主張した。

 そして、会見の翌朝、斉藤は子供とともに沖縄行きの飛行機に乗り込んだが、2歳年上の夫の姿はなかったという。

 「斉藤の夫はかなり温厚な性格のようだが、逆につまらなくなってしまったのでは。医師のSNSの写真を見るとかなり遊び慣れているようなビジュアル。仕事をバリバリこなし、その“息抜き”が医師との密会だったのでは。今後、夫婦関係を修復するのは難しそうで、離婚という結論に至る可能性もあるのでは」(芸能記者)

 斉藤は現在、渡辺直美主演のTBS系ドラマ「カンナさーん!」に渡辺演じる主人公の姑役で出演。ドラマは初回から2ケタをキープしているが、「今回の件を受け、どうやら斉藤の出番を追加する方向に決まったようだ。“時の人”だけに、多少は数字アップにつながるのでは」(TBS関係者)。

 しばらくは不倫疑惑が仕事に悪影響を与えることはなさそうだが…。

※写真・斉藤由貴オフィシャルブログより