ビジネスシーンにおいて小手先のテクニックはご法度とされていますが、唯一許される、しかも大ヒットを生む「小手先テク」があるそうです。無料メルマガ『繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座』の著者で繁盛戦略コンサルタントの佐藤きよあきさんが紹介している、そんなある意味夢のような手法とは?

大ヒットを生む、「小手先のテクニック」とは?

私は常々、小手先のテクニックで売ることを批判しています。一時的に売れることはあっても、結局は信用を落として、以前にも増して売れなくなってしまうからです。

しかし、例外がひとつだけあります。まったくの小手先なのですが、この方法は大ヒットとなる可能性が非常に高いのです。成功事例も数多くあります。では、その方法とは?

「商品の名前を変える」。これだけです。

商品が良ければ、名前など何でも良い。そう考える商売人は結構いるものです。昔気質の人や腕に覚えのある職人、料理人に多いと言えます。

質の高さは、当然「売り」になりますが、情報過多の時代にあっては、他の情報にのみ込まれ、埋もれてしまうことがあります。目立つ情報に、人は興味を示すものですから。

生鮮食品を中心に扱う通販会社「オイシックス」をご存知だと思います。この会社で扱う野菜のひとつに、「ピーチかぶ」と呼ばれるものがあり、大ヒット商品になっています。

このかぶは元々「はくれい」という品種で、ごく少量だけ栽培されていました。味は良いのですが、栽培が難しいため、市場にはほとんど出まわらなかったのです。このかぶを見つけたオイシックスのバイヤーが、ぜひ売りたいと申し入れ、栽培の拡大が始まったのです。

その際、桃のような甘さ、美味しさがあることから、名前を「ピーチかぶ」に改めたのです。これをサイトに掲載したところ、たちまち注文が殺到したのです。

オイシックスが扱ったことも、売れた要因のひとつなのですが、名前が「はくれい」のままだったら、ヒットすることはなかったでしょう。「ピーチかぶ」という不思議な響きが、お客さまの興味を掻き立てたのです。名前を変えただけ。それだけで、大ヒット商品となったのです。

こうした商品は他にもあります。

「みだぐなす→ラ・フランス」「フレッシュライフ→通勤快足」

改名による大ヒットのお手本です。

image by: Shutterstock.com

出典元:まぐまぐニュース!