コスタリカの首都サンホセで行われたデモ行進に飼い犬と共に参加する人びと(2017年8月6日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】中米コスタリカの首都サンホセ(San Jose)の大通りで6日、動物保護団体や環境活動家らによる動物愛護を訴えるデモ行進が行われた。

 コスタリカでは最近、動物を不当に扱った者に禁錮1年以下の刑を科す法律が承認され、今回のデモではその順守が訴えられた。行進中には、ボランティアの獣医師から錠剤をもらったり、プールで遊んだりする犬たちの姿が見られた。
【翻訳編集】AFPBB News