NCT テイル&テヨン&ドヨン、ドラマ「学校2017」OSTに参加…テヨンが作詞に参加した“ヒーリングソング”

写真拡大

NCTのテイル、テヨン、ドヨンがKBS 2TV月火ドラマ「学校2017」のOST(劇中歌) に参加し、話題を集めている。

テイル、テヨン、ドヨンが歌った新曲「Stay in my Life」は本日(7日) 午後6時、MelOn、genie、NAVER MUSICなど韓国の各音楽配信サイトを通じて音源が公開される予定で、音楽ファンから反響を呼ぶと期待される。

「学校2017」OST Part.4で披露する「Stay in my Life」は、さ迷う10代の心の傷と痛みを癒すという意味を盛り込んだR&Bバラードジャンルの楽曲で、テイルの訴えるような歌声とドヨンの感性的なボーカル、テヨンの感覚的なラップが調和した“ヒーリングソング”として多くの人から愛されるだろう。

また、今回の楽曲は「宮〜Love in Palace」のOST「Perhaps Love」や「シティーハンター」のOST「愛」など、多数のドラマのOSTをプロデュースした音楽監督パク・グンチョルと、シン・スンフン、ヤンパ、ホ・ガクなど様々なアーティストの楽曲に参加したチョン・スミンが共同で作曲したことはもちろん、テヨンも作詞に参加し、期待を高めた。劇中で苦難を乗り越えようとするラ・ウンホ(gugudan キム・セジョン) を支えたいと思うヒョン・テウン(キム・ジョンヒョン) とソン・デフィ(チャン・ドンユン) の気持ちを代弁しているだけに、ドラマの魅力をより一層高めると見られる。